QRsetupで接続できない時の確認事項【3つの要件満足が必要】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

QRsetupアプリ(バッファロー製)を使ってスマホを接続できない時に、3つの要件の満足状況を確認して解決する方法を紹介

QRsetupで接続できない時の確認事項【3つの要件満足が必要】

QRsetupアプリを使ってスマホを接続するには、下記の3つの要件を全て満足させる必要があります。状況を順番に確認して、不満足があれば解消します。

  • 要件
  • スマホのアクセス権限(「カメラ」と「位置情報」)を、QRsetupアプリに対して許可
  • スマホのIPアドレス情報を、DHCPサーバーから自動付与
  • 初期化(出荷時)状態の「SSID1」に接続
  • 全ての動作モードで、QRsetupアプリを使用できます。
  • アクセスポイントモードまたは中継器モードの時は、有線ルーターまたは親機がDHCPサーバーを兼ねる前提です。

確認①:QRsetupアプリに対する、スマホのアクセス権限の許可状況(要件①)

スマホのOS設定のアクセス権限を確認します。「カメラ」と「位置情報」のQRsetupアプリに対する許可状況を確認します。

  • 機種、OS、バージョン等により手順が異なる場合があります。

OS①:iPhoneの確認手順

  1. [設定]-[QRsetup]-[位置情報]の順にタップ
  1. [このAppの使用中のみ許可]にチェック記号があることを確認
  • もし記号がなければ、タップして入れて許可します。
  1. 次に[カメラ]の項目の右側のボタンが緑色であることを確認
  • もし灰色の場合は、タップして緑色に変えます。

OS②:Androidの確認手順

  1. [設定]-[アプリと通知]-[アプリ情報]-[QRsetup]-[権限]の順にタップ
  1. [カメラ]をタップ
  1. 「許可」のボタンが黒色であることを確認
  1. もし選択されていなければ、タップして黒色にします。
  1. 次に[位置情報]をタップして、「常に許可」または「アプリの使用中のみ許可」のボタンが黒色であることを確認
  1. もし選択されていなければ、どちらかをタップして黒色にします。

確認②:スマホへのIPアドレス情報の付与状況(要件②)

アクセスポイントモードや中継器モードは、DHCPサーバーを調査して、スマホに対するIPアドレス情報の付与状況を確認します。

もし、付与していなければ、各々の機器間の接続状況を確認します。

  • また、DHCPサーバー側で、払出し制限(特定MACアドレス限定や払出し数)を設定している場合には、調整が必要です。
  • ルーターモードは、初期化(出荷時)状態から起動して、スマホを初めて接続する際には、問題は生じません。

確認③:「SSID1」の設定状況(要件③)

Wi‐Fi情報(SSID、暗号化キー等)を確認します。

中継器モードは、無意識に初期値が書き換わる場合があります。親機の情報が、自動的に写される場合があるためです。なお、QRsetupアプリを使わなくても、親機のSSIDに接続すれば、電波状況に応じて中継器にも自動で切り替わります。

  • 手動で初期値に戻せば、QRsetupアプリを使って接続できるようになります。
  • ルーターモードやアクセスポイントモードは、初期化(出荷時)状態から起動して、スマホを初めて接続する際には、問題は生じません。
  • 既述の要件を確認しても、QRsetupアプリを使って接続できない場合は、スマホを手動設定します。
スポンサーリンク