【バッファロー製】QRsetupでスマホを接続できない時の解決法

  • 記事の内容
  • QRsetup(バッファロー製アプリ)で、スマホを接続できない場合に、状況を確認して対処する方法を紹介

【バッファロー製】QRsetupでスマホを接続できない時の解決法

3つの要件を全て満足する必要があります。順番に状況を確認して、不足があれば対処します。

  • 【要件①】スマホのアクセス権限(「カメラ」と「位置情報」)に、QRsetupアプリに対して許可
  • 【要件②】スマホのIPアドレス情報を、DHCPサーバーから自動付与
  • 【要件③】初期化(出荷時)状態の「SSID1」に接続

【確認①】スマホのアクセス権限(要件①)

  • QRsetupアプリに対する「カメラ」と「位置情報」のアクセス権限を確認
  • 機種、OS、バージョン等により手順が異なる場合があります。

iPhone

  1. [設定]-[QRsetup]-[位置情報]の順にタップ
  1. [このAppの使用中のみ許可]にチェック記号があることを確認
  • もし記号がなければ、タップして入れて許可します。
  1. 次に[カメラ]の項目の右側のボタンが緑色であることを確認
  • もし灰色の場合は、タップして緑色に変えます。

Android

  1. [設定]-[アプリと通知]-[アプリ情報]-[QRsetup]-[権限]の順にタップ
  1. [カメラ]をタップ
  1. 「許可」のボタンが黒色に選択されていることを確認
  1. もし選択されていなければ、タップして黒色にします。
  1. 次に[位置情報]をタップして、「常に許可」または「アプリの使用中のみ許可」のボタンが黒色に選択されていることを確認
  1. もし選択されていなければ、どちらかをタップして黒色にします。

【確認②】DHCPサーバーの稼働状況(要件②)

  • DHCPサーバーの、スマホへのIPアドレス情報の付与状況を確認
  • 動作モード別に、確認内容が異なります。

Wi-Fiルーターとして使用

初期値を変更しない限り、エアステーションのDHCPサーバー機能は、稼働しているため問題ありません。

  • 他に原因があるため、後述を確認
  • ただし、意識的にDHCPサーバー機能を停止した場合は、QRsetupでは接続できません。スマホを手動設定して接続します。機能の停止前に接続したスマホも、同様に接続し直す必要があります。
  • スマホを手動設定して接続する手順は以下を参照します。

アクセスポイントまたは中継器として使用

  • エアステーションの有線LANルーターまたは親機との接続状況を確認
  • DHCPサーバーとの通信経路を確実に確保します。
  • なお、スマホを手動設定すれば、エアステーションの接続状況に関係なく接続できます。

さらに

  • DHCPサーバーのIPアドレス情報の払い出しリストを確認
  • スマホに対する払い出しが、リストにあることを確認します。
  • リストにない場合は、DHCPサーバー側に問題がないか確認します。

【確認③】スマホの接続先のSSID(要件③)

  • 「SSID1」のWi-Fi情報(SSID、暗号化キー等)を確認
  • 意識的に設定を変更していなければ、問題ありません。
  • ただし、中継器の時は、無意識に設定が書き換わっている場合があります。親機の情報が「SSID1」に自動的に写される場合があるためです。この場合は、既存の親機のSSIDに接続すれば、中継器にも自動で切り替わります。