【バッファロー製】無線ルーターのPPPoE設定手順【スマホで実施】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

バッファロー製の無線ルーターを、スマホでPPPoE設定してインターネットにつなぐ手順を紹介

【バッファロー製】無線ルーターのPPPoE設定手順【スマホで実施】

【バッファロー製】無線ルーターのPPPoE設定手順【スマホで実施】

手順(1):MODEスイッチ切り替え

MODEスイッチは「ROUTER」にします。

「AUTO」も同様に使用できます。ただし、利用環境によってはアクセスポイントモードになってしまう場合があります。もし「AUTO」にした場合に、設定画面がPPPoE設定に進まなければ、「ROUTER」にすれば解決します。今回は最初から「ROUTER」にして未然に防止します。

手順(2):スマホで設定画面を開く

  • もし、ここで「Internet回線判別中」が出た場合は、以下を参照します。

手順(3):PPPoE設定

  1. [詳細設定]をタップ
  1. 画面左上の[Internet]をタップ
  1. 『Internet』項目の[Internet]をタップ
  1. 『IPアドレス取得方法』の『PPPoEクライアント機能を使用する』の左のボタンをタップ(ボタンが黒い状態)
  1. [設定]をタップ
  1. [PPPoE]をタップ
  1. 『PPPoE接続先リスト』の[接続先の編集]をタップ
  1. 『PPPoE接続先 No.1の新規追加』に入力(以下)
  • 「接続先名称」
  • 「接続先ユーザー名」
  • 「接続先パスワード」
  • 「接続先名称」は、自由に任意の内容です。最大32文字を、全て半角で、英文字、数字、記号を使用します。
  • 「接続先ユーザー名」および「接続先パスワード」は、インターネットサービスプロバイダーから通知された値です。
  1. [新規追加]をタップ
  • 『設定中です・・・』と表示後、自動的に画面が戻れば終了です。

【バッファロー製】PPPoE設定の成功または失敗を確認する方法

PPPoE設定の成功または失敗は、無線ルーターのランプまたは設定画面で確認できます。

方法(1):「インターネットアクセスランプ」の状態により確認

「インターネットアクセスランプ」が緑点灯すれば、PPPoE設定は成功です。

ランプ成功失敗
インターネットアクセス緑点灯緑点滅

方法(2):設定画面の「ステータス」の情報により確認

「ステータス」の各項目に情報が出れば、PPPoE設定は成功です。他にも情報が出る項目があります。

  1. 「詳細設定」-「ステータス」を順番にタップ
  1. 「システム」の「Internet」の「接続先」と「接続状態」項目を確認(以下)
項目成功失敗
接続先既出で設定した「接続先名称」が表示情報なし
接続状態『通信中』情報なし

失敗時の対処法:「接続先ユーザー名」および「接続先パスワード」を確認

「接続先ユーザー名」および「接続先パスワード」は、1文字でも誤るとPPPoE接続は失敗するため、特に注意します。

全て正確にも関わらず失敗する場合は、他にも原因がある可能性があるため、さらに切り分けます。

スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。