バッファロー製無線ルーターのモード設定方法【自動判定と手動選択】

  • 記事の内容
  • モードスイッチ(AUTO/ROUTERBRIDGE)別に利用できる機能の違いを紹介
  • モードスイッチを利用機能に合わせる手順を紹介

バッファロー製無線ルーターのモード設定方法【自動判定と手動選択】

モードスイッチ別の機能

AUTO

下記の2つのどちらかに、自動で切り替わります。

  • 無線ルーター(ルーター機能が有効)

または

  • アクセスポイント(ルーター機能が停止)
  • 利用の環境の応じて、自動判定されます。
  • 自動判定ではなく手動で切り替えたい場合、または中継器として利用したい場合は、以降に紹介の設定に切り替えます。

ROUTER

自動判定させないで、必ず無線ルーターとして利用したい場合に設定します。

  • 無線ルーター

BRIDGE

下記の2つのどちらかを利用したい場合に設定します。

  • アクセスポイント

または

  • 中継器
  • 無線ルーターとしては機能しません。
  • アクセスポイントとして利用すには、LANケーブルを使って、有線ルーター等と接続します。
  • 中継器として利用するには、親機に無線接続させます。
  • 以下の記事は参考です。

モードスイッチを利用機能に合わせる手順

無線ルーターとして利用

  • 「ROUTER」に設定
  • 「AUTO」に設定しても利用できますが、当サイトにおいては、無線ルーターとして利用時、必ず「ROUTER」にする前提で紹介します。
  1. 「INTERNET端子」(青の端子)に、LANケーブルで回線終端装置等と接続します。
  • 【正常】ランプ状態
ランプ状態
POWER/DIAG緑点灯
ワイヤレス緑点灯
インターネットアクセス点滅、または緑点灯(注1)
ルーター橙点灯
  • (注1)ホームゲートウェイが回線終端装置も兼ねる場合は、「緑点灯」する場合があります。
  • PPPoE接続の設定は、以下の記事を参照します。

アクセスポイントとして利用

「BRIDGE」に設定

  • 「AUTO」に設定しても利用できますが、当サイトにおいては、アクセスポイントとして利用時、必ず「BRIDGE」にする前提で紹介します。
  • WHR-1166DHP4をLANケーブルを使って、有線ルーター等と接続すれば、設定画面を開くことなく利用できます。
  • 【正常】ランプ状態
ランプ状態
POWER/DIAG緑点灯
ワイヤレス緑点灯
インターネットアクセス消灯
ルーター消灯
  • 以下の記事は、アクセスポイントを利用時の参考です。

中継器として利用

「BRIDGE」に設定

  • 必ず「BRIDGE」に設定する必要があります。
  • 親機に無線接続前のランプ状態は、アクセスポイントと同一です。
  • 中継器として利用には、引き続き、以下の記事を参照して設定します。