【自宅の無線LAN】アクセスポイントと中継器の機能の違い

  • 記事の内容
  • 自宅の無線LANのアクセスポイントと中継器の機能
  • 一般家庭向けの製品を想定しています。

【自宅の無線LAN】アクセスポイントと中継器の機能の違い

アクセスポイントと中継器は、どちらもWi-Fiの電波を出して、スマホ等を無線で自宅の無線LANに接続できるようにします。

そのため、機能を使い分ける際に、どちらを使えばいいか判断に迷う場合があります。

そこで、具体的な機能の違い明示して、2つの機器を使い分ける際の指標にします。

①.アクセスポイント

  • アクセスポイントは、自宅に無線LAN(Wi-Fi)環境を作る
  • 製品によっては、アクセスポイントを「ブリッジ」と、異なる呼び方をする場合があります。

例えば、下記の状況に全て合致する時は、アクセスポイントを導入します。

  • 自宅では、既に、固定回線等(光回線等)を使って、インターネットに接続している
  • 固定回線に接続している現在のルーターは、Wi-Fi機能が無く、LANケーブルでしかパソコン等を接続できない
  • 今後は、スマホも、自宅では携帯会社の回線ではなく、固定回線を使って、インターネットに接続したい
  • 現状、自宅に固定回線等のインターネット接続できる回線がない場合、まずは通信会社等と契約して、回線を確保します。
  • 自宅の固定回線等の契約内容によっては、LANケーブルを使わないとパソコン等が接続できない有線LANルーターしか、通信会社から提供されない場合があります。
  • 通信会社から、ルーター機能すら持たない通信機器(回線終端装置等)しか提供されなかった場合は、ルーター機能を持つ機器(Wi-Fiルーター)の別途導入が必要です。Wi-Fiルーターがあれば、アクセスポイントを別途導入しなくても、自宅に無線LAN環境を作ることができます。
  • 留意事項
  • アクセスポイントは、有線LANルーター等と、必ずLANケーブルで接続
  • 有線LANルーターを、Wi-Fiルーターに交換する手段を選択すれば、アクセスポイントの別途導入が必要ない場合がある

②.中継器

  • 中継器は、WiーFi親機(Wi-Fiルーターやアクセスポイント)から出たWi-Fiの電波を強くする

例えば、下記の状況に全て合致する時は、中継器を導入します。

  • 自宅には、既に、Wi-Fi親機を使用した、無線LAN環境がある
  • Wi-Fi親機から離れた場所、または家の中の障害物が原因で、電波が弱くなる場所の電波を強くしたい
  • 現状、自宅に無線LAN環境がない場合は、中継器ではなく、先にWi-Fiルーターやアクセスポイントを導入します。
  • 電波の周波数帯によって特徴が異なります。特徴に留意して周波数帯や設置場所を決定することで、中継器の効果を高めます。
  • 留意事項
  • 中継器は、スマホ等の使用場所と、Wi-Fi親機の設置場所の間に設置
  • LANケーブルではなく、Wi-Fi親機と必ず無線接続
  • 製品によっては、パソコン等をLANケーブルで接続できる端子を持つ場合がある。端子にWi-Fi機能のないパソコン等を接続すると、中継器を介してになるが、無線接続できる可能性がある
  • 中継器の機能のみ持つ専用の製品がある。もしルーター機能を使用しない場合は、購入時の選択肢の一つになる

参考. Wi-Fi親機への接続手段

WPS接続と手動接続の2つの種類があります。

  • どちらの手段も、Wi-Fi親機の電波が確実に届く場所で作業を行います。
  • WPS接続
  • 中継器とWi-Fi親機を、互いのボタン操作で接続
  • 中継器とWi-Fi親機の両方が、WPS機能に対応が必要です。
  • 手動接続
  • 中継器の設定画面を操作して、Wi-Fi親機に接続
  • Wi-Fi親機に接続する電波の周波数帯を指定して接続します。
  • WPS接続できない場合に利用します。

参考.Wi-Fiルーター

  • 自宅の固定回線に接続して、インターネットに接続する環境を作る
  • 同時に、自宅に無線LAN(Wi-Fi)環境を作る
  • 自宅に固定回線と、インターネットサービスプロバイダーのサービスが、開通している必要があります。
  • インターネットサービスプロバイダーと契約時に、契約情報として通知された、ユーザーIDとパスワードを手元に準備する必要があります。(IPv4PPPoE認証によるインターネット接続の場合)