パソコン(Windows10)に固定IPアドレスを設定する手順

  • 記事の内容
  • パソコン(Windows10)に固定IPアドレスを設定する手順を紹介
  • 固定のIPアドレスの設定に不慣れな場合に、参考にしていただける、固定のIPアドレスの設定の手順を紹介します。

パソコン(Windows10)に固定IPアドレスを設定する手順

  • Wi-Fiルーターを、中継器として活用する場合に、工場出荷時の初期の状態から設定する状況を想定しています。

Wi-Fiルーターのメーカーによっては、中継器がWi-Fi親機に接続する前の段階では、設定用のパソコンをLANケーブルで中継器に接続した場合にも、パソコンにIPアドレスが付与されない場合があります。そのため、中継器を設定するパソコンに手動で固定のIPアドレスを設定します。

なお、普段の利用に際して、パソコンをWi-Fiルーター等に接続する時は、DHCPサーバーからIPアドレスを自動的に取得した方が便利です。

  1. 設定用パソコンのコントールパネルを開きます。
  • コントールパネルの開き方
  1. 設定用パソコンのタスクバー上のWindowsロゴ(スタート)をクリックします。
  1. 設定用パソコンにインストールされているアプリ等が一覧になってメニューが表示されます。
  1. メニューの中から[Windowsシステムツール]をクリックします。
  1. [Windowsシステムツール]の機能の一覧が、更に表示されます。
  1. 一覧で表示された機能の中から、[コントロールパネル]をクリックします。
  1. コントロールパネルが表示されます。
  1. [ネットワークの状態とタスクの表示]または[ネットワークと共有センター]をクリックします。
  • コントロールパネルの画面の右上の「表示方法」が「カテゴリ」の場合、[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。
  • コントロールパネルの画面の右上の「表示方法」が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合、[ネットワークと共有センター]をクリックします。
  1. 「ネットワークと共有センター」画面が表示されます。
    [アダプターの設定の変更]をクリックします。
  1. 「ネットワーク接続」画面が表示されます。
    [イーサネット]を右クリックします。表示された一覧の中の[プロパティ]をクリックします。
  1. 「イーサネットのプロパティ」画面が表示されます。
    一覧表示されている中から[インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)]をクリックして選択し、右下の[プロパティ]をクリックします。
  1. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面が表示されます。
  1. 「次のIPアドレスを使う」を選択します。状況に合った値を、下記の設定項目に入力します。
  • IPアドレス
  • サブネットマスク
  • デフォルトゲートウェイ
  1. 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択します。状況に合った値を、下記の設定項目に入力します。
  • 優先DNSサーバー
  • 代替DNSサーバー
  1. [OK]をクリックします。