【図解】Wi-Fiの仕組み【上手く使ってスマホの通信容量を節約】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

図解でWi-Fiの種類と仕組みを理解して上手く使うことで、スマホの通信容量の消費を節約する方法を紹介

【図解】Wi-Fiの仕組み【上手く使ってスマホの通信容量を節約】

【図解】Wi-Fiの仕組み【上手く使ってスマホの通信容量を節約】

スマホをWi-Fiに接続すれば、スマホの通信容量を消費することなくインターネットに接続できます。Wi-Fiを利用する場面は大きく2カ所に区分できます。1つは自宅で利用する場面です。もう一つは外出時に利用する場面です。

各々の場面において利用できるWi-Fiの仕組みを紹介します。

場面(1):自宅でWi-Fiを利用

自宅では家族専用のWi-Fiにスマホを接続すれば、自宅ではスマホの通信容量は消費しなくて済みます。

家族専用のWi-Fiを作るには、通信回線(有線または無線)を自宅に引いてWi-Fi機器を設置すれば実現します。

なお、月々の使用料金が一定額に固定されているにもかかわらず、通信容量は無制限のサービスを多くの通信会社が提供しています。そのため、通信量が多い動画等を頻繁に視聴しても通信容量を気にしなくて済みます。

仕組み①:有線の通信回線を自宅に引いてWi-Fiを作る

有線の通信回線は、様々な会社が有償サービスを提供しています。比較的に安定した通信ができることが特長です。通信が遅くなったり途切れたりする頻度を、他の仕組みより抑えられます。

必要なこと①:固定の通信回線に申し込み

通信会社の有償サービスに申し込んで、自宅まで光回線またはケーブルテレビ等の通信回線を引いてもらいます。

もし自宅の中に光回線またはケーブルテレビ等が引かれていなければ、通信会社が工事して引いてくれます。

必要なこと②:プロバイダー契約に申し込み

プロバイダー契約は、通信回線を使ってインターネットに接続できるようにする申込です。

通信会社によっては通信回線の申込とは別に、追加してプロバイダー契約に申し込む必要がある場合があります。そのため、通信回線を申込時には必要性を確認します。

なお、もしスマホを携帯電話会社と契約して保有しているのであれば、携帯電話会社の光回線のサービスの利用がお勧めです。光回線とプロバーダー契約がセットになっているため一つの申込で済みます。さらに、スマホと組み合わせればセット割引が適用されて、異なる会社のサービスを別々に利用するよりも利用料金を安くできる場合があるためです。

必要なこと必要③:Wi-Fiを出す通信機器を自宅に設置

Wi-Fiルーターまたはアクセスポイント等のWi-Fiを出す通信機器を、自宅に設置する必要があります。

なお、通信会社との契約内容によっては、Wi-Fiルーターが一緒に提供される場合があるため、必ず申込時に提供の有無を確認します。もし提供がない場合や、希望する機能や性能があったり、予算等を都合に合わせたい場合は、自分で量販店等から購入して使用することもできます。

Wi-Fiルーターやアクセスポイント等を使用するには設定が必要な場合があります。当サイトでは、様々な機能の設定方法を紹介しているため参考にします。もし自分で設定できない場合には、業者に有償で依頼して解決する方法もあります。

Wi-Fiには周波数の異なる2つの種類があります。各々の特徴を把握すると選びやすくなります。

仕組み②:無線の通信回線を自宅に引いてWi-Fiを作る

無線の通信回線は、主に携帯電話会社が提供している有償サービスです。携帯電話会社から提供されるホームルーターの電源アダプターを、自分で自宅の電源コンセントに差すだけで使用を開始できるのが特長です。

また、有線の通信回線ように自宅の中までケーブルを引く工事が不要なため、短期間で使用できるようになります。

なお、多くの通信を一定期間に行うと制限を受けて、一時的に速度が遅くなる場合があるのが欠点です。

  • ホームルーターの使用場所は自宅に限定されます。自宅以外の場所に運んで使用できません。
必要なこと①:無線の通信回線を申し込み

携帯電話会社等の有償サービスに申し込みます。ホームルーターが提供されるため到着を待ちます。

必要なこと②:ホームルーターを自宅に設置

ホームルーターが自宅に届いたら電源を投入するだけで家族専用のWi-Fiが作れます。基本的には設定する必要はありません。ホームルーターから出るWi-Fiにスマホ等を接続してインターネットを利用します。

(参考)自宅には有線と無線のどちらの通信回線が適しているか判別する方法

場面(2):外出時にWi-Fiを利用

外出時には公衆Wi-Fiを利用するか、またはモバイルルーター(持ち運びができる程度の大きさの通信機器)を持ち歩いて使用する方法があります。どちらのWi-Fiもスマホを接続すれば、スマホの通信容量は消費しなくて済みます。

なお、公衆Wi-Fiは使用範囲が施設の中に限定されます。そのため、他の施設に移動する都度に別の公衆Wi-Fiを探索する必要があります。一方、モバイルルーターは携帯電話会社の電波が届く場所であれば、何処でも(自宅でも)自分専用のWi-Fiを利用できます。

仕組み①:モバイルルーターを使用して自分専用のWi-Fiを作る

モバイルルーターは、主に携帯電話会社が提供している有償サービスです。モバイルルーターからは自分専用のWi-Fiを出すことができます。モバイルルーターの通信容量を消費して、スマホはインターネットに接続します。また、SIMカード(携帯電話会社の回線)を使用できないWi-Fi機器も接続することができます。

モバイルルーターは外出時だけでなく在宅時にも使用できます。そのため、常時に安定した通信は必要なかったり、近い将来に引越しの予定がある場合には、既述の通信回線は自宅に引かずにモバイルルーターを使用するのも便利です。

ただし、通信量が多いと制限を受けて通信速度が遅くなる場合があります。

必要なこと:モバイルルーターを申し込み

携帯電話会社にモバイルルーターの有償サービスを申し込みます。

モバイルルーターは、スマホと同様に購入する場合が多いです。また、通信量のプランを選択して加入する必要があります。

仕組み②:公衆Wi-Fiを利用する

ホテル、駅、カフェ等に公衆Wi-Fi(「アクセスポイント」と呼ばれる場合もあります)が提供されている場合があります。施設によっては無料で使えますが、施設の利用が前提であったり、Wi-Fiの利用に際してユーザー登録を求められる場合もあります。なお、日頃利用している他の有料サービスに付随して利用できる公衆Wi-Fiもあります。

ただし、公衆Wi-Fiにはセキュリティーの問題が内在している場合があるため留意が必要です。そのため、信用できる施設であっても通信傍受やウィルス感染等の危険性を承知した上で、必要性を熟慮してから利用します。

なお、安全性を優先する場合は公衆Wi-Fiは利用しないほうが安心です。必要性に応じてスマホの通信プランを変更して通信容量を増加するか、または前述のモバイルルーターを使用する方法を強く推奨します。

必要なこと:Wi-Fi情報を確認

公衆Wi-Fiが提供されている施設を訪れたら、SSIDやパスワードを確認してスマホを接続します。

施設のホームページに、公衆Wi-Fiの提供の有無が掲載されている場合があります。

参考の仕組み:スマホで自分専用のWi-Fiを作る(デザリング)

スマホからWi-Fiを出して、SIMカードを使用できないWi-Fi機器を安全に接続できます。「デザリング」と呼ばれる方法です。スマホの通信容量を消費してインターネットに接続します。

ただし、携帯電話会社によってはスマホでデザリングを行うには、別途に有償サービスを申し込む必要がある場合があります。

また、スマホのバッテリー消費が極端に激しくなるため注意します。

スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。