【Aterm】SSID変更の手順【中継機モードは親機と区別も可】

  • 記事の内容
  • Atermで作った自宅のWiFiのSSIDを、変更する手順を紹介

【Aterm】SSID変更の手順【中継機モードは親機と区別も可】

  • SSID変更のメリット
  • 覚えやすい名前になる
  • WiFiを識別しやすくなる
  • 同時に安全性も強化する参考情報です。

①.スマホでクイック設定Webを開く

  • 中継機モードは、親機との兼合いなどの理由で、開くのに苦労する場合があります。

②.SSID変更

  1. [Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)](または5GHz)をタップ
  1. 「対象ネットワークを選択」をタップしてSSIDを選択
  1. [選択]をタップ
  1. 「ネットワーク名(SSID)」に、新しい値を上書き入力
  • 規則
  • 2種類の周波数帯を、同一にできる
  • 同じ周波数帯のプライマリとセカンダリは、同一にできない
  • 中継機モードでは、親機から情報を引き継いだ場合も、別の値に変更して、親機と区別できる
  1. 変更内容を保存

参考:自宅のWiFiのSSIDを統一可能

既述の規則に則ると、自宅のWiFiのSSIDを統一できます。便利になる事と不便になる事の両方があります。普段のWiFiの利用方法を考慮して、もし便利であれば、統一することも検討します。

  • 便利になる事
  • 複数のSSIDを覚えなくて済む
  • スマホによっては、電波状況に応じて、自動で切り替えられる場合がある
  • 不便になる事
  • 接続する周波数帯の指定はできない
  • 無線接続に関する情報を、同一にする必要がある
  • 設定時、異なるSSIDの利用を促す注意があるため、メーカ推奨の使用方法ではないと考えられます。

③.スマホを再接続