【Aterm】暗号化キーの変更方法【スマホで出来るけど慎重に実施】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

自宅のAtermの暗号化キーを、スマホで変更する方法

Atermの暗号化キーをスマホで変更する手順【慎重に正確に入力】

  • 中継器モードの時は、親機も一緒に変更するか、または他のWi‐Fi情報も一緒に変更します。

(1)スマホでクイック設定Webを開く

(2)暗号化キーを変更

  • 間違えないように慎重に入力します。
  1. 「Wi‐Fi詳細設定(2.4(または5)GHz)」をタップ
  1. 「暗号化キー」を入力(上書き)
  1. 変更内容を保存

複数のSSIDの暗号化キーを変更する場合、他を変更する前に、必ず変更後の暗号化キーにより接続できることを確認します。

  • もし意図せず誤って登録しても、間違いに気づけるため安心して対処できます。

(3)スマホを再接続

変更後の暗号化キーにより、スマホを接続できることを確認します。

  1. スマホのWi‐Fi設定の、対象のSSIDを削除
  • 暗号化キーを更新するため、一旦削除します。
  1. 改めてSSIDをタップ
  • 変更後の暗号化キーの入力します。

接続できた後は、一緒に、らくらくQRスタートの新たなQRコードを、自分で作成しておけば、以降は、スマホに暗号化キーの入力は不要になります。(任意)

Atermの暗号化キーを変更できない時の注目点【文字規則あり】

文字に注目して、規則を守れているか確認します。

注目点①:文字規則

規則1:8~64文字

  • 0~7文字、65文字以上にはできません。

規則2:文字数により、使用できる文字が異なる

  • 具体的な文字は、後述を参照します。

規則3:必ず半角文字

注目点②:使用できる文字

  • 8~63文字の場合

全ての文字の種類(数字、小文字のアルファベット、大文字のアルファベット、記号)を、含める必要はありません。

文字種類
0~9数字
a~z小文字のアルファベット
A~Z大文字のアルファベット
!記号
記号
#記号
$記号
%記号
&記号
記号
記号
(記号
)記号
*記号
+記号
,記号
記号
.記号
/記号
:記号
;記号
<記号
=記号
>記号
?記号
@記号
[記号
\記号のバックスラッシュ
]記号
^記号
_記号
`記号
{記号
|記号
}記号
~
  • 64文字(固定)の場合

文字を組み合わせて16進数にする必要があります。

  • g~zおよびG~Zのアルファベットは、使用できません。
文字種類
0~9 数字
a~f小文字のアルファベット
A~F大文字のアルファベット

安心してAtermの暗号化キーを変更できるコツ【事前に備える】

暗号化キーを意図せず誤って変更すると、完全にAtermに接続できない事態が発生して、設定の修正すらできなくなる可能性があります。そのため、事前に備えて、救済できる手段を確保しておきます。

コツ:Atermに複数のSSIDを確保して備える

複数のSSIDの各々で、クイック設定Webを開けるようにしておきます。もし暗号化キーを誤って変更しても、実際の設定画面を確認したり、修正できます。

以降の一方の方法で備えれば大丈夫です。

  • 暗号化キーの変更が終了したら、普段使用しないSSIDは、無効にしてセキュリティ低下を防止します。
  • 方法(その1):2種類の周波数帯を活用

2種類の周波数帯を有効にします。

  • 初期に有効になり、またクイック設定Webも開ける、プライマリSSIDの活用が便利です。
  • スマホが、一方の周波数帯にのみ接続できる仕様の場合は、後述の方法(その2)により備えます。
  1. 暗号化キーの変更時と同じ設定画面を表示
  1. 「Wi‐Fi機能」が、もし「OFF」の場合は、タップして「ON」に変更
  1. 変更内容を保存
  • 5GHz帯を有効にする場合は、法令に注意して、問題なければ[OK]をタップします。
  • 方法(その2):セカンダリSSIDを活用

セカンダリを有効にして、更にクイック設定Webを開けるようにします。

  • 中継器モードには、セカンダリは無いため、この方法による備えはできません。ただし、親機に接続して、中継器モードのクイック設定Webを開ければ、同様の備えになります。
  1. 前出と同様に設定画面を表示
  1. 「対象ネットワークを選択」のセカンダリをタップ
  1. 「Wi‐Fi機能」をタップして[ON]に変更
  • 初期値は「OFF」です。
  1. 「ネットワーク分離機能」をタップして「OFF」に変更
  • 規制を解除します。
  1. 変更内容を保存
  • 下記記事は参考です。

Atermの暗号化キーを変更後にスマホが接続できない時の対処法

以降の3つの対処法を順番に試します。

対処法①:スマホに登録の暗号化キーを更新

暗号化キーの更新が必要です。

スマホのWi‐Fi設定を修正します。(既述の再接続手順を参照)

対処法②:再度、1文字づつ正確に、スマホに暗号化キーを入力

正確に暗号化キーをスマホに入力していない可能性を疑って対処します。

対処法③:他のSSIDに接続して設定画面で暗号化キーを確認

意図せず誤って登録した可能性を疑って対処します。

実際に登録された変更後の暗号化キーを、設定画面を目視して確認します。

  • 他にSSIDが無い場合は、この対処はできません。
スポンサーリンク