【バッファロー製】暗号化キーの変更手順【予備SSIDがあると安心】

  • 記事の内容
  • 自宅のバッファロー製無線ルーターの暗号化キーを変更する手順を紹介

【バッファロー製】暗号化キーの変更手順【予備SSIDがあると安心】

  • 「SSID1」を日常的に使用が前提です。
  • 手順には、予備SSIDの確保が含まれますが、理由は以下の記事を参照します。
  • 以降の手順において、設定の保存操作時、スマホの無線接続が切れる場合があります。

(1)予備SSIDを確保

利用状況により、確保内容が異なります。

  1. なお、中継器として使用時は、親機経由で中継器の設定画面を開ければ、予備SSIDは不要です。

【利用状況1】2種類の無線周波数を日常的に使用の場合

  • 更なるSSIDの確保は不要

【利用状況2】1種類の無線周波数のみ有効の場合

  • 他方の無線周波数の「SSID1」を有効化
  • スマホの仕様が、2種類の無線周波数に対応が必要です。
  • 暗号化キーの変更の作業の間だけ有効にして、完了後、無効に戻します。
①.設定画面を開く
②.無効の周波数帯を有効化
  1. [詳細]-[無線設定]-[2.4GHz](または「5GHz」)の順にタップ
  1. 「無線機能」の[使用する]をタップ(チェック記号を入れる)
  1. 「SSID1」の[使用する]にチェック記号あり(初期値)を確認
  • もしチェック記号なしの場合、タップして入れます。
  1. [設定]をタップ

【利用状況3】使用できる無線周波数が1種類のみの場合

  • 「SSID2」を有効化
  • スマホの仕様等により制約がある場合を想定しています。
  • 完了後、無効に戻して、セキュリティー低下(脆弱なWEP使用による危険性)を防ぎます。
  1. 「無線設定」(前述と同一)画面を表示
  1. 「SSID2」の[使用する]をタップ(チェック記号を入れる)
  • SSID(名称)は、初期値のまま使用可です。
  • もし変更する場合は「SSID」項目の「値を入力」のボタンを青くして、右の欄に任意名称を、半角英数字記号を使って、最大32文字で入力します。
  1. 「WEP暗号化キー設定」に使用文字と文字数の種類をタップ(選択)
  • 暗号化キー変更の短時間であれば、いずれの種類も可です。
  1. 「WEP暗号化キー設定」の「1」「2」「3」「4」の内、いずれかをタップ(選択して、ボタンを青く)
  1. さらに選択した数字の右隣の欄に、以下の入力規則に則って任意暗号化キーを入力
  • 「文字入力」の場合、半角英字(大小文字区別有)と数字で、5文字または13文字で入力します。
  • 「16進数入力」の場合、0~9までの半角数字とa~f(大小文字区別無)の半角英字で、16進数表記で10桁または26桁で入力します。
  1. 「設定」をタップして保存
  • 「隔離機能」は、初期値(「使用する」にチェック記号なし)です。

(2)各々のSSIDにつないで設定画面が開くことを確認

  1. 暗号化キー変更対象の「SSID1」と予備SSIDの両方に、スマホをつないで、設定画面が開くことを確認

(3)一方の無線周波数だけ暗号化キーを変更

  1. 「無線設定」(既述と同一)画面を表示
  • スマホは、どちらのSSIDにつないでも可です。
  1. 「SSID1」の「WPA-PSK(事前共有キー)」に変更後の暗号化キーを上書き入力
  • 半角英字(大小文字区別有)と数字で、最低8文字から最大63文字で入力します。
  • 16進数表記にする場合、半角0~9およびa~f(大小文字区別無)の半角英字を、64桁で入力します。
  1. 「設定」をタップして保存

(4)変更後、改めてスマホを無線接続

意図した暗号化キーに変更できたかを、必ず実際につないで確認します。

  1. スマホのSSID(変更前の暗号化キー)登録を削除
  1. 改めてスマホを「SSID1」につなぐ
  • 変更後の暗号化キーを使用します。

【バッファロー製】中継器として使用時の暗号化キー変更時の留意事項

無線ルーターを中継器として使用時、中継器だけを単独で考えるのではなく、親機との兼ね合いを考慮しての変更が必要です。

  • 中継器が、親機から同一の無線情報を、自動で引継いで使用の場合
  • 同時に、全ての無線情報を、親機とは異なる値に変更が必要
  • もし中継器だけ変更すると、スマホの無線接続に支障をきたします。
  • 例えば、スマホがつながる先が、親機と中継器の違いにより、無線接続できる時とできない時があります。
  • 親機と中継器が、各々で異なる無線情報を使用の場合
  • 親機を意識せず、中継器の無線情報を変更可