【バッファロー製】Wi-Fiパスワード変更の手順【危険が伴う】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

スマホを使って、バッファロー製Wi‐Fiルーターに繋ぐためのWi‐Fiパスワードを変更する手順を紹介

【バッファロー製】Wi‐Fiパスワード変更の手順【危険が伴う】

【バッファロー製】Wi‐Fiパスワード変更の手順【危険が伴う】

Wi‐Fiパスワードの変更には、スマホが繋がらなくなる危険が伴います。

危険を回避するには、事前に【バッファロー製】Wi‐Fiパスワード変更の危険性の回避方法を参照して備えます。

手順(1):スマホで設定画面を開く

手順(2):Wi‐Fiパスワードを変更

  • 今回は「SSID1」を例にします。
  1. [詳細]→[無線設定]→[2.4GHz](または「5GHz」)の順にタップ
  1. 「SSID1」の「WPA-PSK(事前共有キー)」に新しいパスワードを上書き
  • 半角英字(大小文字区別あり)と数字で、最低8~最大63文字です。
  • 16進数表記(半角、数字および大小文字区別なしのa~fの英字)にすれば、64文字にもできます。
  1. 「設定」をタップして保存

中継機として使用時は、【バッファロー製】中継機のWi‐Fiパスワード変更に際しての留意事項も参照して、時々、スマホが繋がらなくなる事態を回避します。

手順(3):スマホを再度繋ぐ

Wi‐Fi設定の対象のSSIDを削除して、改めて繋ぎ直します。

【バッファロー製】Wi‐Fiパスワード変更の危険性の回避方法

意図したWi‐Fiパスワードとは違う値に、無意識にしてしまった場合に備えます。

危険性の回避方法:事前に複数のSSIDを準備

準備①または②のどちらかにより備えます。

既に複数(最低2個)のSSIDに繋いで、各々で設定画面が開けば、現状のままで回避できます。ただし、ゲストポートは、繋いでも開けないため対象外です。なお、アクセスポイントまたは中継機として使用時は、他の通信機器に繋いで経由して開ければ、ここで紹介する準備は必要ありません。

  • もし危険性を回避する目的で、急遽SSIDを追加したら、セキュリティーの低下予防のため、変更が完了したら無効に戻します。

準備①:2つの周波数帯を利用できる状態にする

初期値のままであれば、共に利用できる状態になっているため、各々に繋がることを確認します。

  • スマホが対応する必要があります。
  1. Wi‐Fiパスワードの変更と同じ画面を開く
  1. 「無線機能」の[使用する]をタップ(チェックを付ける)
  1. 「SSID1」の[使用する]のチェック(初期値)を確認
  • もしチェックがなければ、タップして付けます。
  1. [設定]をタップ

準備②:「SSID2」を利用できる状態にする

スマホが1つの周波数帯にしか対応しない場合に、設定して追加します。

  1. Wi‐Fiパスワードの変更と同じ画面を開く
  1. 「SSID2」の[使用する]をタップ(チェックを付ける)
  1. 「WEP暗号化キー設定」に使用文字と文字数をタップ(選択)
  • 今回は、いずれも選択できます。
  1. 「WEP暗号化キー設定」の「1」「2」「3」「4」の内、いずれかをタップ(選択して、ボタンを青く)
  1. さらに選択した数字の右隣の欄に、以下の規則に則って、任意のWi‐Fiパスワードを入力
  • 「文字入力」の場合、5または13文字です。
  • 「16進数入力」の場合、10または26文字です。
  • 対応文字は、「SSID1」と同じです。
  1. 「設定」をタップ
  • 「隔離機能」は、初期値(「使用する」にチェックなし)のままにします。

【バッファロー製】中継機のWi‐Fiパスワード変更に際しての留意事項

一緒に親機も考慮します。

留意事項:SSIDが親機と同一の場合は対処が必要

対処法①または②のどちらかを実施します。

対処法①:親機側のWi‐Fiパスワードも中継機と同じ値に変更

親機側の設定を一緒に変更する手間がかかります。

  • 順序はどちらが先でも問題ありませんが、スマホを可能な限り変更する側の機器に近づけて繋ぎます。または、もし中継機に繋いで経由して親機の設定画面が開けば、先に親機側を変更して、スマホを繋ぎ直すことなく両方共に変更します。

対処法②:親機とは異なるSSIDに変更

Wi‐Fiパスワードと一緒に変更します。

  • スマホの繋ぐ先を切替える方法が、自動から手動に変わるため、使い勝手も同時に変わります。
スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。