【バッファロー製】自宅のWiFiパスワード変更手順【入力誤り注意】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

自宅のWiFiパスワードの変更手順を紹介

【バッファロー製】自宅のWiFiパスワード変更手順【入力誤り注意】

WiFiパスワードの変更には、危険が伴うため、慎重に実施する必要があります。最悪、WiFiに繋がらなくなる可能性があります。

なお、事前に救済手段を整えて、危険を回避しておけば心配ありません。(詳細は後述)

(1)スマホで設定画面を開く

(2)WiFiパスワードを変更

  • 今回は「SSID1」を例にします。
  1. [詳細]→[無線設定]→[2.4GHz](または「5GHz」)の順にタップ
  1. 「SSID1」の「WPA-PSK(事前共有キー)」に新しいパスワードを上書き
  • 半角英字(大小文字区別あり)と数字で、8~63文字です。
  • 64文字の16進数表記(全て半角、数字および大小文字区別なしのa~fの英字)も使用できます。
  1. 「設定」をタップして保存

(3)スマホを再度繋ぐ

スマホの既存のSSIDを削除してから、繋ぎ直します。

【バッファロー製】中継機のWiFiパスワード変更による不具合の回避策

SSIDを親機と同一にしている場合は、注意が必要です。中継機のみを変更してしまうと、時々、スマホが繋がらなくなる不具合が発生する可能性があります。

回避策:他の箇所も一緒に変更する

変更箇所は、親機を念頭に置いて決定します。

具体的には、以下のどちらかの箇所を一緒に変更すれば、不具合の発生を回避できます。

変更箇所①:親機側のWiFiパスワード

親機側のWiFiパスワードを、一緒に中継機と同じ値に変更すれば、不具合は発生しません。親機側の設定変更が必要になります。

変更箇所②:SSID

WiFiパスワードのみならずSSIDも、親機とは異なる値にしてしまえば、親機を考慮する必要性は無くなります。またこの場合、親機側の設定変更も不要です。

ただし、スマホの繋がる先を切替える方法が、自動から手動に変わるため、使い勝手も同時に変わることに留意します。

【バッファロー製】WiFiパスワード変更の危険性を回避する方法

WiFiパスワードの入力を、うっかり間違い、そのまま気付かず変更してしまうと、最悪の場合、WiFiに繋がらなくなる危険性があります。そのため、事前に救済手段を整えておき、万が一の場合にも、繋がらない事態の発生を回避します。

回避方法:事前に2個のSSIDを確保して、どちらにも繋がるようにしておく

どちらに繋いでも、設定画面を開ける必要があります。そのため、ゲストポートは、救済手段には使えないため除外します。

もし今回の目的のために、急遽SSIDを有効にした場合は、変更が完了したら、セキュリティー低下を防止するため、必ず無効に戻します。

  • 既に日常的に複数の接続先があり設定画面も開ける場合は、さらなる確保は不要です。現状で救済できます。
  • また、アクセスポイントまたは中継機として使用時は、他の通信機器を経由してエアステーションの設定画面を開ければ、ここで紹介する救済手段は不要です。現状で代替できます。

手段①:2つの周波数帯を有効化

  • スマホが、一方にしか対応しない場合は、手段②により確保します。
  1. 既述と同じ画面を開く
  1. 「無線機能」の[使用する]をタップ(チェックを付ける)
  1. 「SSID1」の[使用する]のチェック(初期値)を確認
  • もしチェックがなければ、タップして付けます。
  1. [設定]をタップ

手段②:「SSID2」を有効化

  1. 既述と同じ画面を開く
  1. 「SSID2」の[使用する]をタップ(チェックを付ける)
  1. 「WEP暗号化キー設定」に使用文字と文字数をタップ(選択)
  • 今回の場合、どれを選択しても大丈夫です。
  1. 「WEP暗号化キー設定」の「1」「2」「3」「4」の内、いずれかをタップ(選択して、ボタンを青く)
  1. さらに選択した数字の右隣の欄に、以下の規則に則って、任意のWiFiパスワードを入力
  • 「文字入力」の場合、5または13文字です。
  • 「16進数入力」の場合、10または26文字です。
  • 対応文字は、既述の「SSID1」と同じです。
  1. 「設定」をタップして保存
  • 「隔離機能」は、初期値(「使用する」にチェックなし)です。
スポンサーリンク