【エレコム製】暗号化キー変更手順【入力誤り対策は特定スマホのみ可】

  • 記事の内容
  • 暗号化キーをスマホで変更する手順を紹介
  • 事前対策(入力誤りに気づかず登録した場合の影響を、軽減する目的に講ずるが、特定条件を満足するスマホに限定される状況を紹介

【エレコム製】暗号化キー変更手順【入力誤り対策は特定スマホのみ可】

  • ルーターモードのみならず、アクセスポイントモードも、同様の手順で行えます。
  • 中継器モードでは、暗号化キーは親機に依存するため、単独で変更不可です。

【エレコム製特有】暗号化キー変更の事前対策

エレコム製無線ルーターの制約

  • 管理画面は、「メインSSID」( 各周波数帯に1個あり)に接続時のみ開ける

そのため、スマホの接続周波数帯が制限される場合、管理画面を開けるSSIDは1個のため、事前対策を講じるのは不可です。

  • 「マルチSSID」や「友だちWi-Fi」は、事前対策には使用不可です。
  • 事前対策の必要性についは、下記リンク先を参照します。

スマホの条件【事前対策の適用条件】

  • 2つの周波数帯に接続できる
  • 双方の周波数帯ともメインSSIDを有効化(初期値)して、事前対策を適用します。
  • 事前対策により、一方に接続できなくなっても、他方に接続して修正できます。
  • 周波数帯に制限があるスマホのみ保有の場合
  • 事前に講じる対策がないため、慎重に誤りなく入力が不可欠です。
  • もし自分の認識と、実際の暗号化キーが異なると、スマホは2度と接続不可になります。
  • 変更後に暗号化キーが分からなくなった場合、既述のリンク先の記事で紹介の対処が必要になります。

暗号化キーの変更手順

2つの周波数帯に接続できるスマホを使う場合、事前対策を講じてから暗号化キーを変更します。制限があるスマホの場合、事前対策がないため、慎重に変更します。

(1)管理画面を開く

(2)事前対策を講じる

  1. 「HOME」画面から「Wi-Fi」-「メインSSID」と順にタップ
  1. 「2.4GHz」(または「5GHz」)タブをタップ
  • 今接続中とは別の周波数帯を確認します。
  1. 「Wi-Fi(無線LAN)を有効にする」の左のボタンが黒くなっていることを確認
  • 双方共に、初期値は有効です。
  • 黒くなければ、ボタンをタップ(黒く)して、さらに[適用]をタップして、次に進みます。
  1. 今接続中とは別のメインSSIDに、スマホを接続して、管理画面が開くことを確認

(3)暗号化キーを変更

  • 一度に変更するのは、一方の周波数帯だけです。
  1. 事前対策と同じ画面を開く
  1. 「暗号化キー」に変更後の値を上書き入力
  • 周波数帯に制限があるスマホを使う場合は、入力誤りに特に注意して、慎重に入力します。
  • 半角英数字、8~63文字です。(大小を区別します)
  • 「キーの種類」を「パスフレーズ(8~63文字)」(初期値)から「HEX(64)」に変更すれば、64文字(固定)の16進数も可です。
  1. [適用]をタップ
  • 「適用」と同時に、スマホが切断される可能性があります。

(4)改めてスマホを接続

入力誤りがないことを確認します。

  1. スマホのWi-Fi設定の既存SSIDを削除
  1. 再接続
  • 事前対策を講じる目的で、周波数帯を有効にした場合は、終了後、不要な方を無効に戻します。