【バッファロー製】SSID変更方法【自宅の無線LANを容易に識別】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

自宅のSSIDを変更して、無線LANの識別を容易にする方法を紹介

【バッファロー製】SSID変更手順【識別は容易に個人特定は困難に】

①.スマホで設定画面を開く

②.SSID変更

  • ここでは、メインSSIDを「かんたん設定」で変更します。
  1. 「無線LAN」をタップ
  1. 「無線LAN設定」画面で、「2.4GHz(11n/g/b)」(または「5GHz(11ac/n/a)」)の[SSID1]に、値を上書き入力
  1. 半角の英字・数字・記号を使用します(最大32文字)。
  1. 家族は容易に識別できるけど、他人には個人を特定されない組み合わせにします。
  1. [設定]をタップ
  1. 『SSIDを変更します。(以下省略)』に切替ったら[設定]をタップ
  1. 『設定中です・・・』と、出て終了
  1. この時点で、全ての機器との接続が切断されます。
  • 「詳細設定」を使っても変更できます。なお、「SSID2」は、「詳細設定」でのみ変更できます。

③.スマホを再接続

  • 初めての接続になるため、暗号化キーの入力が必要です。

【バッファロー製】中継機モードのSSID変更時に留意する事項

中継機モードのSSID変更に際しては、ルーターモードを変更するよりも、手間がかかる場合があります。

留意事項①:設定画面を開くには準備が必要

中継機モードの設定画面を開くには、準備が必要な場合があります。そのため、開けなくて、SSID変更の障壁になる可能性があります。

もし、設定画面が開けない場合は、既出のリンク記事を参考にします。

留意事項②:親機との兼合いを考慮した変更が必要

中継機モードのSSIDは、自由に任意に変更できます。ただし、親機との兼合いを考慮する必要があります。

スマホは、自動または手動のどちらかの手段で接続先を切替えます。そのため、もし親機との兼合いを考慮せずに、中継機モードのSSIDだけを変更すると、切替え手段に影響が生る可能性があります。

例えば、今まで自動だったのが切替わらなくなったり、逆に今まで手動だったのが勝手に自動で切替わったりと、意図せず切替え手段が変わってしまう不都合が生じる場合があります。

  • 親機との兼合いによるスマホの接続先の切替え手段
中継機モードのSSID切替え方法
親機と同じ電波状況に応じて、接続先が自動で切替わる
親機と異なる中継機モードと親機を区別して、手動で切替える
スポンサーリンク