【バッファロー製】設定画面が開かない時の対処法【重要:2つの確認】

  • 記事の内容
  • スマホで、バッファロー製無線ルーターの設定画面が開かない時の、2つの確認事項と対処法を紹介

【バッファロー製】設定画面が開かない時の対処法【重要:2つの確認】

【確認】2つの重要事項

スマホで設定画面が開かない場合、以下の2つの重要事項の満足状況を確認して原因を探ります。もし、出来ていない、または不確かな場合は、後述する対処法を参考にします。

  • 重要(1)
  • スマホは、WHR-1166DHP4に無線接続している?
  • WHR-1166DHP4の稼働状態に応じて、スマホの接続手段が異なります。
  • 重要(2)
  • Webブラウザーには、正確なアドレスを入力している?
  • WHR-1166DHP4のIPアドレスを入力します。稼働状態に応じて変化するため、正確な把握が必要です。
  • StationRadarアプリを使えば、アドレス把握は不要です。アドレスが原因のトラブルに悩まされることを回避できます。

参考:設定画面にログインできない時の対処法

メッセージが出て、ログインできない場合があります。この場合、前出の2つの重要事項とは異なる、他の問題がある可能性があります。

  • 『他のユーザーがログイン中です』
  • 『パスワードが間違っています』
  • パスワードを忘れた時も、同様に対処します。
  • 『不正なログイン試行を検出・・・(一部省略)・・・ロックされています。』

【対処】重要(1)

  • 正しい手段で、確実にスマホを無線接続

【モードスイッチ別】接続手段一覧

モードスイッチ毎に、接続手段を使い分けます。

  • 「BRIDGE」の時は、稼働状態によっても接続手段が異なります。
  • ルーター機能が「有効」時、「DHCPサーバー機能」は有効(初期値)のまま利用します。ルーター機能の状態は、本体のランプにより識別します。
ルーター機能インターネットアクセスランプルーターランプ
有効緑色に、点灯又は点滅緑色又は橙色に、点灯
無効消灯消灯
  • 以降の表内の接続手段は、略語(動的、QRセットアップ、静的)で表現します。具体的な手段は、後述します。
AUTO
稼働状態利用可能な接続手段
全ての状態・動的
・QRセットアップ
ROUTER
稼働状態利用可能な接続手段
全ての状態・動的
・QRセットアップ
BRIDGE
稼働状態利用可能な接続手段
・初期化(出荷時)状態
かつ
・有線LANルーター又は親機と未接続
・静的
・有線LANルーター又は親機と接続済
かつ
・IPアドレス設定は初期状態のまま
・動的
・QRセットアップ
・静的
【注1ー1】
・有線LANルーター又は親機と接続済
かつ
・IPアドレス設定を任意値に変更済【注1ー2】
・動的
・QRセットアップ
  • 中継器として使用時、スマホは、中継器のSSIDまたは中継器が発する電波に無線接続します。親機に無線接続すると、設定画面が開かない場合があります。
  • 【注1ー1】
  • Webブラウザーを使う場合の特記事項
  • 接続手段【静的】は、初期化(出荷時)状態から使用開始した直後、設定を継続する場合に便利
  • 接続手段【静的】の場合と【動的】又は【QRセットアップ】の場合で、設定画面のアドレスが異なる。詳細は、後述の「【対処】重要(2)」を参照
  • 【注1-2】
  • 「LAN」-「LAN側IPアドレス」項目を、意識的に初期設定から変更した状態

接続手段【動的】

  • 日常の無線接続と同一手段です。

接続手段【QRセットアップ】

接続手段【静的】

iphone
  1. SSIDをタップして選択
  1. SSIDの隣にチェック記号が入ったら再度タップ
  1. 「IPv4アドレス」の下記を設定
項目特記
IPを構成手動タップして選択
IPアドレス192.168.11.XXは、他の機器と重複しない1~254までの任意値を入力
サブネットマスク255.255.255.0値を入力
  1. [保存]をタップ
Android
  1. SSIDをタップして選択
  1. 画面が替わり、パスワードを入力
  1. [詳細設定]をタップ
  1. 下記を設定
項目特記
IP設定静的[DHCP]タップした後に選択
IPアドレス192.168.11.Xiphoneと同じ
ネットワークプレフィックス長24値を入力
  1. [接続]をタップ

注意:無線接続先に必要な条件

接続先のSSIDには、以下の両方の条件を満足する必要があります。

  • 条件①
  • 「隔離機能」が、無効(初期値)
  • 「隔離機能」が有効(「使用する」)の場合、設定画面は開きません。
  • パソコン(PC)等を有線接続時は、「隔離機能」の影響はないため、条件に当てはまらなくても開きます。
  • 条件②
  • SSID1または2に接続
  • ゲストSSIDは使用できません。

【対処】重要(2)

  • WHR-1166DHP4の正確なIPアドレスを把握して、設定画面にアクセス
  • IPアドレスを自動取得した場合は、DHCPサーバー側の調査が必要です。
  • 正確なアドレス把握が必要なのは、Webブラウザーを使う場合のみです。

【モードスイッチ別】アドレス一覧(候補)

AUTO

192.168.11.1 【注2ー1】

又は

自動取得のIPアドレス 【注2ー2】

又は

手動設定のIPアドレス 【注2-3】

  • 【注2ー1】
  • 自宅環境に応じた自動判別の結果、ルーター機能が「有効」時
  • ルーター機能の状態は、既述の方法により、本体ランプにより識別します。
  • 【注2ー2】
  • 自宅環境に応じた自動判別の結果、ルーター機能が「無効」時
  • 初期値(192.168.11.1)とは異なる値に変化する可能性があります。
  • 【注2-3】
  • 自分で意識的にIPアドレスを変更時
  • 必ず変更後のアドレスにアクセスします。
ROUTER

192.168.11.1  【注2ー4】

又は

手動設定のIPアドレス 【注2-5】

  • 【注2ー4】
  • 自分で意識的にIPアドレスを変更していない時
  • 【注2-5】
  • 自分で意識的にIPアドレスを変更時
  • 必ず変更後のアドレスにアクセスします。
BRIDGE

192.168.11.100  【注2ー6】

又は

自動取得のIPアドレス  【注2ー7】

又は

手動設定のIPアドレス 【注2-8】

  • 【注2ー6】
  • スマホを接続手段【静的】で接続できる稼働状態の時
  • 稼働状態の詳細は、既述の「【対処】重要(1)」を参照します。
  • 【注2ー7】
  • スマホは、接続手段【動的】又は【QRセットアップ】で接続時

かつ

  • 初期化(出荷時)状態から有線LANルーター又は親機に接続後の稼働状態の時
  • 稼働状態の変化によって、自動で初期値(192.168.11.100)から異なる値に切替わる可能性があります。
  • 【注2-8】
  • スマホは、接続手段【動的】又は【QRセットアップ】で接続時

かつ

  • 自分で意識的にIPアドレスを変更時
  • 必ず変更後のアドレスにアクセスします。