「クイック設定Web」がスマホで開けない時、最初に確認する事

スポンサーリンク
  • 記事の内容

クイック設定Webを、スマホで開けない時に確認して対処する方法を紹介

クイック設定Webが開けない時は、まずスマホの接続を確認

3つの事項に注目して、スマホを確実にAtermに接続します。

  • 中継機モード、Wi‐Fi子機(CONVERTER)モードの時に、クイック設定Webを開けない場合は、Atermに独自のSSIDがあれば、スマホを接続します。なければ、できるだけAtermにスマホを近づけて、Atermから出ている電波に接続するように試みます。

注目(その1):スマホの接続手段

2種類の手段から選択します。

手段①:手動で接続

  • メーカやOSによって、項目の名称が異なる場合があります。
  1. スマホのOSの「設定」をタップ
  1. 「Wi-Fi」または「無線とネットワーク」画面で、AtermのSSIDをタップ
  1. 暗号化キーを入力
  1. 初期値は、Atermの本体に貼付のラベルに記載されています。

手段②:AtermらくらくQRスタートを使用

スマホへの暗号化キー等の入力を省略できます。入力誤りによる接続トラブルを回避できます。

  1. AtermらくらくQRスタートを起動
  • 「らくらくQRスタート」に、スマホの位置情報へのアクセスを許可する必要があります。
  1. カメラが起動したら「AtermらくらくQRスタート用QRコード」を読み取る
  • スマホをQRコードの真上で垂直に向けて、QRコードの全体が写る位置まで、少しずつ離しながら読み取ります。
  • 室内が薄暗くても、逆に明るすぎても読み取れない場合があるため、明るさに注意します。
  • 太陽光や室内灯がQRコードに当たった反射光により、QRコードの全体や一部が白っぽく写ってしまう場所は避けます。
  1. Wi-Fi情報が表示されたら[設定適用]をタップ
  • 『設定中』と表示され、しばらく待ちます。
  1. 『インターネット接続設定が完了しました』と表示されたら[OK]をタップ
  • アプリの画面が自動で閉じます。
  • [OK]をタップ後、 『STEP2 インターネット接続設定 ボタンを押して、・・・(省略)・・・』と表示されたら[終了]をタップします。

「AtermらくらくQRスタート用QRコード」について

Atermに同梱の「AtermらくらくQRスタート用QRコード」は、AtermのSSIDに関する設定が、工場出荷時の状態(初期値)の場合のみ使用できます。設定を変更後や、中継機モード、Wi‐Fi子機(CONVERTER)モードの時に、親機からWi-Fi情報を引き継いだ場合は使用できません。

初期値を変更後に、新たにQRコードを自作できます。ただし、中継機モード、Wi‐Fi子機(CONVERTER)モードの時は自作できません。

注目(その2):「ネットワーク分離機能」

必ずネットワーク分離機能が無効(OFF)のSSIDに接続します。

  • 全てのSSIDのネットワーク分離機能が有効の場合、LANケーブルで接続したパソコン等を使用しないと、クイック設定Webは開けません。

「ネットワーク分離機能」について

Atermを初期設定時は、必ず「無効」のため無意識で大丈夫です。

初期設定後、日常的にAtermを使用時は、注意が必要です。有効/無効を判別できない場合は、全てのSSIDに一つずつ接続して、クイック設定Webを開けるものを探すことになります。

初期設定時、セカンダリSSIDは、Wi-Fi機能が無効のため接続できません。また、もし有効にしても、意識的にネットワーク分離機能を無効にしない限り、クイック設定Webは開けません。

注目(その3):スマホの接続保持

スマホの接続が、気づかないうちに切断している場合があります。そのため、常に気に掛けて保持します。

  • スマホの画面では、切断しても気づきにくいですが、気づいた時点で再度接続すれば、クイック設定Webの操作を継続できます。
  • スマホがAtermではなく、他のWi-Fiに接続している場合もあるため注意します。
  1. スマホの「Wi‐Fi設定」を確認
  • Atermに接続していることを確認します。

クイック設定Webのアドレスを確認【間違えると開けない】

Webブラウザで、クイック設定Webを開く場合は、AtermのIPアドレスを入力する必要があります。

アドレスは、様々な値に変化するため、候補をモード切替スイッチ別に紹介します。

「Atermスマートリモコン」を使用すれば、IPアドレスの特定は必要なくなります。クイック設定Webを開く手順は後述します。

(1)RT(ルータモード)

  • http://aterm.me/

または

  • http://192.168.10.1/

または

  • 手動設定したIPアドレス

(2)BR(ブリッジモード)

「http://aterm.me/」では開けません。

AtermをDHCPサーバ(有線LANルータ等)に接続するか、または「強制DHCPサーバ」機能を起動する必要があります。

  • DHCPサーバから取得したIPアドレス      (注1)

または

  • http://192.168.1.210/     (注2)

(注1)取得した値は、DHCPサーバを調査すればわかります。DHCPサーバに未接続の場合は、取得できません。

(注2)意識的に強制DHCPサーバ機能を起動した時に設定されます。

(3)CNV(中継機モード、Wi‐Fi子機(CONVERTER)モード)

「http://aterm.me/」では開けません。

AtermをDHCPサーバ(親機等)に接続するか、または「強制DHCPサーバ」機能を起動する必要があります。

  • DHCPサーバから取得したIPアドレス     (注3)

または

  • http://192.168.1.245/     (注4)

(注3)取得した値は、DHCPサーバを調査すればわかります。DHCPサーバに未接続の場合は、取得できません。

(注4)意識的に強制DHCPサーバ機能を起動した時に設定されます。「BR」(ブリッジモード)を利用時とは値(http://192.168.1.210/)が異なります。

強制DHCPサーバ機能について

AtermがDHCPサーバとして働きます。Atermを他の機器(DHCPサーバ)に接続しなくても、スマホでクイック設定Webを開けるため便利です。

スマホから有線LANルータ等を経由する通信機能は停止します。

「BR」(ブリッジモード)または「CNV」(中継機モード、Wi‐Fi子機(CONVERTER)モード)の時のみ利用できます。WPS機能を利用しないでAtermを親機に接続する時は、起動が必須です。

Atermを再起動すれば、機能は停止します。

参考:Webブラウザで開く手順

  1. Webブラウザにアドレスを入力
  1. 下記情報を入力
  • 「ユーザー名」※初期値は admin
  • 「パスワード」※初期値は、本体貼付のラベル「Web PW」に記載の値
  1. [ログイン]をタップ

クイック設定Webのアドレスを特定できず開けない時は、アプリを使う

「Atermスマートリモコン」を使用すると、アドレスを特定する必要性から解放されます。クイック設定Webのアドレスの特定が困難な場合に、特に便利です。

Atermスマートリモコンで開く手順

  1. Atermスマートリモコンを起動
  • 『スマートリモコンに対応した・・・(省略)・・・』と表示されたら、しばらく待ちます。
  1. Atermの情報の上をタップして選択
  1. 表示内容が切り替わり[クイック設定Web]をタップ
  1. 『クイック設定Web画面を表示します。・・・(省略)・・・』と表示されたら[OK]をタップ
  1. 『ご利用のブラウザによっては、・・・(省略)・・・』と表示されたら[OK]をタップ
  • この後は、Webブラウザ使用時と同様の手順です。
  • 下記も参照します。

どうやってもクイック設定Webを開けない場合

スポンサーリンク