Atermの設定画面の開き方【正確なアドレス把握がとても重要】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

Atermの設定画面の開き方を紹介

Atermの設定画面の開き方【正確なアドレス把握がとても重要】

Atermの設定画面の開き方【正確なアドレス把握がとても重要】

事前準備:状態によっては必須

  • 既に日常的にAtermに無線でつないでいれば、この事前準備は不要です。

モード切替スイッチが「BR」または「CNV」の場合、もし工場出荷状態のAtermに電源を投入しただけであれば、事前準備が必須です。事前に準備①または②のどちらか一方を実施します。

また、モード切替スイッチが「RT」の場合は、工場出荷状態であっても、この事前準備は不要です。

準備①:AtermをDHCPサーバにつなぐ

モード切替スイッチが「BR」の時は、電源を投入済みの有線ルータとつなぐだけで事前準備は終了です。

モード切替スイッチが「CNV」の時は、親機につなぐことが事前準備になります。

準備②:強制DHCPサーバを稼働開始

  • モード切替スイッチは「BR」または「CNV」のまま作業を実施します。
  • 日常的に利用するほとんどの機能は強制的に停止されます。
  1. 「らくらくスタートボタン」を押しながら電源を投入して、ボタンは押したままを維持
  1. 「CONVERTER」ランプが緑色に点滅を始めたら放す
  • Atermを再起動すれば停止します。

手順(1):スマホを無線でつなぐ

初回は手段①または②のどちらかの手段でつなぎます。2回目以降は、登録済のSSIDをタップしてつなぎます。

手段①:手動でつなぐ

  1. スマホの「Wi-Fi設定」でSSIDをタップ
  1. 無線パスワードを入力
  1. 初期値は、本体貼付のラベルに記載されています。

手段②:「AtermらくらくQRスタート」アプリでつなぐ

無線パスワードを要因とするトラブルを回避できます。

手順(2):ログイン認証して設定画面を開く

手段①または②のどちらでも大丈夫です。手段①は、正確なアドレスの入力がとても重要です。手段②であれば入力は不要なのでおすすめです。ただし、スマホにアプリのインストールが必須です。

手段①:Webブラウザで開く

  1. Webブラウザにアドレスを入力
モード切替スイッチアドレス特記
RThttp://aterm.me/なし
BRhttp://192.168.1.210/(注)状況によって変わるため、後述の手段②の活用がおすすめ
CNVhttp://192.168.1.245/(注)同上
  1. ログイン情報を入力
ログイン情報値(初期値)特記
ユーザー名admin過去に変更した場合は、現在の値を入力
パスワード本体貼付のラベル「Web PW」に記載の値同上
  1. [ログイン]をタップ
  • (注)強制DHCPサーバが稼働している場合に限定です。

手段②:「Atermスマートリモコン」アプリで開く

  • アプリは、事前にスマホにダウンロードしてインストールしておきます。
  1. Atermスマートリモコンのアイコンをタップ
  • 『スマートリモコンに対応した・・・(省略)・・・』と出たら、しばらく待ちます。
  1. Atermの情報の上をタップ
  1. [クイック設定Web]をタップして、引き続き出た画面で[OK]をタップ
  1. 『ご利用のブラウザによっては、・・・(省略)・・・』と出たら[OK]をタップ
  • この後は、Webブラウザと同様の手順です。

既述の通りに進めたけど開かない場合の対処法

https://withdevice.com/2023/01/18/ne-1131-quickweb-hirakenai/
スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。