【Aterm】ブリッジモードの設定手順【自宅にWiFiを作る】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

Atermのブリッジモードを設定して、自宅にWiFiを作って、スマホを接続できるようにする手順を紹介

Atermのブリッジモードを設定する手順【自宅にWiFiを作る】

  • 有線LANルーターにDHCPサーバ機能があり、また利用する前提です。

手順1:ブリッジモードを起動

手順は、以下記事を参考にします。

手順2:有線LANルーターと有線接続

  1. 必ず「WANポート」に接続
  • 「LANポート」ではありません。
  • ブリッジモードは、設定画面を開かずに使い始められます。

【Aterm】ブリッジモードにスマホが接続できない場合の確認事項

前述の内容に従って、ブリッジモードを設定したのに、スマホが接続できない場合は、以下の事項を確認します。

確認事項①:モード切替スイッチの設定

  • 「BR」に設定されていることを確認
  • 併せて、本体の各ランプ状態を目視して、ブリッジモードの起動を確認します。

確認事項②:「WANポート」の接続状態

  • 「WANランプ」が緑点灯又は素早く点滅(正常時)
  • 「WANランプ」は、WANポートの右隣りにあります。
  • WANランプが消灯時は、LANケーブルの挿入状態や有線LANルーター側の状態も確認します。

確認事項③:DHCPサーバの稼働状態

  • DHCPサーバのIPアドレスの払い出し状況を確認
  • ブリッジモードを初期状態から起動時は、DHCPクライアント機能が初期値(有効)になるため、必ずDHCPサーバからIPアドレスを取得する必要があります。

Atermをブリッジモードにすると設定画面が開かない場合の対処法

ブリッジモードの設定画面を開くには、下記のどちらの状態である必要があります。

  • 強制DHCPサーバ機能を起動中
  • 既述の設定が完了して、ブリッジモードが正常に稼働中

なお、上記の状態であっても、http://aterm.me/ をWebブラウザに入力しても、設定画面は開きません。ブリッジモードのIPアドレスを確認して、入力する必要があります。

対処法:ブリッジモードのIPアドレスを確認

詳細は、以下記事を参考にします。

【参考】IPアドレスの確認を不要にする方法【技術的な知識が必要】

ブリッジモードのIPアドレスが、常に、固定の値になるように設定を変更します。設定画面のアドレスも固定になるため、毎回の確認が不要になります。

  • 固定の値を指定するには、IPアドレスに関する技術的な知識が必要です。
  • 強制DHCPサーバ機能を起動しなくても、固定の値を実現します。
  • 固定のIPアドレスを設定する際に、設定画面を開く必要があるため、最低1回は確認が必要です。
  1. 設定画面を開く
  1. [基本設定]をタップ
  1. 「DHCPクライアント機能」の「OFF」「ON」をタップ
  1. 「OFF」にします。(「OFF」の文字色が、灰から黒に変化します)
  1. 「IPアドレス/ネットマスク(ビット指定)」に固定の値を入力
  • 今回の環境の場合は、DHCPサーバと同一のネットワークにして、かつ、他の全ての機器と重複しない値にする必要があります。また、DHCPサーバに対して、ブリッジモードのIPアドレスは、他の機器への払い出し対象外として設定する必要があります。
  • 「ゲートウェイ」項目の「固定アドレス」の値も、変更が必要な場合があります。
  • 技術に基づく値を設定しないと、設定画面を開けないだけでなく、ブリッジモードとしても正常に動作しなくなる可能性があります。
  1. [設定]をタップして変更を保存

Atermのブリッジモードと中継器(コンバーターモード)の違い

詳細は、以下記事を参考にします。

スポンサーリンク