【Aterm】スマホの接続台数を確認する手順【過去履歴もわかる】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • 自宅のWi‐Fiルーター(Aterm)への、スマホ等接続台数現在と過去を確認する手順

【Aterm】スマホの接続台数を確認する手順【過去履歴もわかる】

Atermの「見えて安心ネット」を活用して、スマホ等のWi-Fiによる接続台数を確認できます。

  • Atermに有線接続するパソコンやアクセスポイント(ブリッジ―モード等)は、後述する方法により確認します。

手順①:見えて安心ネットを開く

クイック設定Webを開いて、画面下部の「見えて安心ネット」タブをタップします。

手順②:接続台数を確認

  1. 「接続を許可/制限する端末」に掲載の、スマホ等の数を合計して、接続台数を把握
  • ホーム画面の上部の「表示形式」は、「すべての端末を表示」(初期値)です。
  • MACアドレスにより、スマホ等の個体を識別します。
  • 現在接続中だけでなく、過去の接続履歴(現在未接続)を、区別して確認できます。(以下参照)

現在接続中と過去の接続履歴を区別する方法

「接続を許可/制限する端末」のスマホ等の、各々の色で区別できます。

状態判別
現在接続中濃い緑色(注)
過去接続して現在未接続薄い緑色、または「過去に接続有り」表記

(注)スマホ等の情報部分をタップすると、電波強度、暗号化モード、使用チャネル等の情報も、一緒に確認できます。

【Aterm】接続台数とIPアドレスの確認手段【有線接続も可】

DHCPサーバー機能を活用して、各々のスマホ等のIPアドレスも同時に判明させます。併せて、有線接続する機器の接続履歴も、Wi-Fi接続のみならず確認できます。

また、見えて安心ネットは、他の機能と併用できない場合があるため、もし利用できない場合の代替手段にもなります。

Atermにアクセスポイント(ブリッジモード等)や中継器を接続時、各々の設定画面を開くために、IPアドレスを把握する際にも活用できます。

手段:DHCPサーバー機能を活用

AtermのDHCPサーバー機能のIPアドレスの割り当て情報を活用します。

  • ルータモードを利用の時だけ利用できる代替手段です。また、必ずDHCPサーバー機能の利用(初期値)が必須です。
  • 一定時間前の過去から確認時点までの接続履歴を確認できます。
  • 確認時点の、接続中または未接続は、識別できません。
  1. クイック設定Webを開く
  1. [詳細な項目を表示]をタップ
  1. 「情報」項目の「子機情報」をタップ
  1. 「割当状態」項目を確認
  • リースタイム(時間)を経過前の記録が残されています。
  • リースタイムの初期値は、24時間です。(「詳細設定」-「IPv4LAN側設定」で確認できます。)
  • リースタイム満了までに再接続してなければ「割当状態」から削除されます。
  1. 「割当状態」の履歴から接続台数を集計
  • 無線と一緒に、有線接続のパソコン等も一緒に掲載されます。
  • 無線による接続台数のみを確認する場合は、「割当状態」の合計数から除外して集計します。
  • ブリッジモードや中継機モードを利用時は、DHCPサーバーが稼働する他の機器の割当履歴を確認します。

Atermへの不正接続を探索【接続台数の確認に留まらない活用法】

見えて安心ネットやDHCPサーバー機能を活用して、AtermへのWi-Fiによる不正接続の痕跡の有無を確認できます。

探索方法①:見えて安心ネットを活用

見えて安心ネットの「接続を許可/制限する端末」に、見覚えのないMACアドレスがある場合、不正接続の疑いがあります。

  • 他人のスマホ等と識別するため、自分が管理するスマホ等のMACアドレスを、漏れなく全て把握します。
  • 事前に「端末名」を登録しておけば、MACアドレスを記憶しなくても識別できます。

探索方法②:DHCPサーバー機能を活用

DHCPサーバー機能のIPアドレスの割り当て情報の「割当状態」に、見覚えのないMACアドレスがある場合、不正接続の疑いがあります。

  • 「割当状態」にはMACアドレスも掲載されます。
  • 見えて安心ネットとは連携しないため、「割当状態」には「端末名」は掲載されません。

不正接続の痕跡を発見した場合の対処法

Atermのセキュリティ機能(下記記事を参照)を使って、今後は、知らぬ間にWi-Fi接続できなくします。

恒久的な処置として、さらに強力な対策(下記記事を参照)も検討します。

スポンサーリンク