見えて安心ネットとMACアドレスフィルタリングの違い【3つあり】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • Atermに備わる「見えて安心ネット」と「MACアドレスフィルタリング」の違いを比較

見えて安心ネットとMACアドレスフィルタリングの違い【3つあり】

どちらも共通して、子機(スマホ)の接続を管理する機能です。

  • 両機能は一緒に利用できないため、どちらか一方のみで管理します。

両機能には、3つの大きな違いがあります。

違い①:対応製品

見えて安心ネットは、Atermに備わる機能です。

一方、MACアドレスフィルタリングは、一般的な機能のため、Atermのみならず、他社の一般家庭向けのWi‐Fi製品(ルーター等)にも、大抵は備わっている場合が多いです。

見えて安心ネットMACアドレスフィルタリング
Aterm・Aterm
・他社製品

違い②:管理方法

見えて安心ネットの方が、多くの方法で子機(スマホ)の接続を管理できます。

見えて安心ネットMACアドレスフィルタリング
・接続制限
・接続状況表示
・利用時間制限
・接続時通知
接続制限のみ
  • 管理方法についは、後述します。

違い③:接続制限(許可/拒否)方法

どちらの機能も、特定の子機(スマホ)に対して、接続を制限することは共通です。ただし、制限の指定方法(許可/拒否)が、真逆の意味になるため、結果が大きく異なります。

見えて安心ネットMACアドレスフィルタリング
特定の子機を『拒否』特定の子機を『許可』

どっちの機能を使ったら良いか迷った場合は、自宅のWi-Fi製品が、Atermだけを使用しているか、または他社製品も混合(Wi‐Fiルーターと中継器のメーカーが異なる等)して使用しているかを、判断指標の一つにします。

見えて安心ネットの使い方①:接続制限を設定してスマホを管理する手順

見えて安心ネットは、接続を『拒否』する子機を指定して制限します。

①.クイック設定Webを開く

  • アクセスポイントや中継器として使用時、ログイン画面が表示されない場合にも、下記記事を参考に表示します。

②.「見えて安心ネット」画面を開く

  1. 画面下の[見えて安心ネット]をタップ

③.特定のスマホの接続『拒否』を設定

過去に接続したことがあるスマホと、一度も接続したことがないスマホで、設定方法が異なります。

設定方法①:過去に接続したことがあるスマホ

  1. 「接続を許可/制限する端末」の一覧から、拒否するスマホをタップ
  • MACアドレスでスマホを見分けます。
  • 今までに1度も接続がないスマホは、一覧に表示されないため、後述の手順で指定します。
  1. [端末情報設定]に以下を設定
項目記事
端末区分「不正な端末」を選択・最大16台登録可能
端末名任意値を手動入力・1文字以上の入力必要
・「#」と「%」は使用不可
  1. [設定する]をタップ
  1. 「設定が完了しました」とでたら[OK]をタップ
  1. [接続を拒否する端末]に指定子機の表示確認
  1. [ログアウト]をタップして終了

設定方法②:今までに一度も接続したことがないスマホ

  1. [新規端末登録]をタップ
  1. [端末情報設定]を設定
項目
MACアドレス値を手動入力
  • 「端末区分」と「端末名」は、前述と同一です。
  1. [設定する]をタップして、以降は、前述の手順と同一
  • 1台のスマホにMACアドレスが複数ある場合(SSID毎にランダムに違うMAC)は、全てを設定する必要があります。なお、MACアドレスを、一つに統一することもできます。

参考:特定のスマホの接続『許可』を設定(MACアドレスフィルタリング利用)

見えて安心ネットの使い方②:接続制限の他にスマホを管理する機能

見えて安心ネットには、接続制限の他にも、子機(スマホ)の管理機能(接続状況表示、利用時間制限、接続時通知)があります。MACアドレスフィルタリングにはありません。

各機能を組み合わせて利用すれば、自宅のWi‐Fi環境の管理を強化できます。

管理機能①:接続状況表示

管理機能②:利用時間制限

スポンサーリンク