【IODATA製ルーター設定】自宅のWi-Fiが切れる原因と対策

  • 記事の内容
  • 自宅のWi-Fiが切れる原因を把握して、IODATA製ルーターにできる具体的な対策内容を紹介

【IODATA製ルーター設定】自宅のWi-Fiが切れる原因と対策

  • Wi-Fiルーターに対策を講じる際に、以下の記事の知識が必要になります。

原因①:距離、障害物の対策

(1)電波の送信出力の調整

電波の送信出力を上げて、電波が届く範囲を拡大します。

①.スマホで設定画面を開く
②.電波の送信出力の調整
  1. [無線設定]メニューをタップ
  1. [詳細設定]タブをタップ
  1. 「送信出力(2.4G)(または5G)」の設定値を確認
  • 送信出力の初期値は「100%」です。
  • 節電等のために出力を下げている場合もあるため、100%以外にしている場合は、段階的に現在よりも出力割合を上げます。
  1. 出力割合を上げた場合は、[設定]をタップ

(2)Wi-Fiの周波数帯の変更

  • 現在、自宅で5GHz帯のSSIDだけを使用の場合に可能な対策です。

2.4GHz帯を使用により、改善する場合があります。

(3)ビームフォーミング機能の有効化

ビームフォーミング機能は、有効(初期値)にして、最適な状態で通信します。(利用には適用条件あり)

  • ビームフォーミング機能は、距離や障害物が原因で電波が届きにくい場合でも、届きやすくします。
  • ビームフォーミング機能を有効にしておけば、適用条件が合致時、自動的に利用できます。
  • 適用条件は以下です。
  • 5GHz帯のWi-Fiに接続
  • Wi-Fi帯域に80MHzを使用
  • スマホ等も、ビームフォーミング機能に対応
  • ビームフォーミング機能の有効/無効の確認手順です。
  1. 同じ画面で「ビームフォーミング(5G)」を確認

(参考)弱電波子機強制切断機能

自宅のWi-Fiを有効に使用するには、他の対策による根本的な解決が必要です。

  • 弱電波子機強制切断機能は、有効(初期値:無効)時、スマホ等に届くWi-Fiの電波が弱い場合、自動的にスマホ等を切断します。
  • スマホ等は、自宅のWi-Fiではなく、携帯電話会社の回線を使って通信します。
  • Wi-Fiの電波の弱さが原因で、通信が切れる頻度は減りますが、携帯電話会社との契約通信量を消費します。
  • リピーターモード時は、弱電波子機強制切断機能は使用できません。
  • 弱電波子機強制切断機能の有効/無効の確認手順です。
  1. 同じ画面で「弱電波子機切断」を確認

原因②:電波混雑の対策

(1)Wi-Fiの周波数帯の変更

  • 現在、自宅で2.4GHz帯のSSIDだけを使用の場合に可能な対策です。
  • スマホ等が、5GHz帯に対応が必要です。

5GHz帯を使用により、改善する場合があります。

(2)チャンネルの変更

空いているチャンネルを手動で探して、電波混雑を回避します。

  • 中継器として使用時、親機との接続に使用している周波数帯は、手動変更できません。
①.現在の使用チャンネルを確認
  1. スマホで設定画面にアクセス
  1. [ステータス]タブをタップ
  1. 「無線LANの設定」を確認
②.チャンネルを変更
  1. [無線設定]タブをタップ
  1. [2.4GHz(または5GHz)設定]タブをタップ
  1. 「チャンネル」をタップして任意チャンネルを選択
  1. 初期値は「自動選択」です。
  • 2.4GHz帯は、1~11チャンネルのどれかが自動選択されます。
  • 5GHz帯は、36~48チャンネルのどれかが自動選択されます。
  1. 最初に紹介した記事の知識を使って、効果的にチャンネルを変更します。
  1. IODATA製のアプリを使えば、Wi-Fiの混雑状況がわかり、空いているチャンネルを把握できます。次の対策の「Wi-Fi帯域の調整」にあるリンク先の記事で、内容を紹介しています。
  1. [設定]をタップ
(参考)自宅で4K8K放送受信設備を使用の場合

2.4GHz帯の設定の「衛星放送干渉回避設定」は[適用]が、メーカの推奨です。

  • 4K8K放送受信設備により2.4GHz帯の電波が干渉して、Wi-Fiが切れる等の影響を受ける場合があります。
  • 「衛星放送干渉回避設定」を[適用]すると、下記に設定されます。
  • チャンネルが[自動(1~7ch)]
  • Wi-Fi帯域が、20MHz幅に固定
  • 5GHz帯は4K8K放送受信設備の影響は受けません。
(参考)DFS機能

5GHz帯は、100~128チャンネルを設定しても、レーダー波等を検出時、DFS機能により、36~64チャンネルのどれかに切替る場合があります。

  • 「指定したチャンネルへ自動で戻す 」を[有効](初期設定)であれば、DFS機能により自動でチャンネルが切り替わっても、一日一回、設定した元のチャンネルに戻ります。

(3)Wi-Fi帯域の調節

Wi-Fi帯域を現在より狭くして、電波干渉の発生確率を下げます。