【エレコム製ルーター】自宅のWi-Fiが安定しない時の対処方法

  • 記事の内容
  • エレコム製Wi-Fiルーターの設定を調整して、自宅のWi-Fiが安定しない原因に対処して、状態を改善させる方法を紹介

【エレコム製ルーター】自宅のWi-Fiが安定しない時の対処方法

  • Wi-Fiが安定しない時の対処にあたっては、以下の記事を前提知識として参考にします。

原因①:電波の弱まり

【対処】Wi-Fiルーターの電波出力を強める

①.スマホで管理画面にアクセス
②.電波出力を変更
  1. 「Wi-Fi」-「メインSSID」の[2.4GHz]または[5GHz]をタップ
  1. [詳細設定]をタップ
  1. 「電波出力」の設定値が「強」(初期値)を確認
  • もし「弱」または「中」の場合は、一段階づつ強めます。
  • 現在5GHz帯のみを使用の場合は、5GHz帯より障害物の影響が相対的に低い2.4GHz帯も使用してみます。
  • 電波出力を「強」にしても、スマホ等に届く電波が弱い場合は、中継器の設置を検討します。

原因②:電波の混雑

【対処①】Wi-Fiチャンネルの変更

電波混雑の少ないチャンネルに変更すると、Wi-Fiが安定する場合があります。

  • 中継器または子機として使用時、親機との接続に使用している周波数帯のチャンネルは、親機と同一に固定されるため変更不可です。
①.現在のチャンネルを確認
  1. 管理画面で「Wi-Fi」タブ上に、周波数帯別に記載の現在のチャンネルを確認
②.チャンネル変更
  1. 「電波出力」の変更と同じ画面で、現在の「チャンネル」の設定値を確認
  • 「AUTO(推奨)」(初期値)の場合
  1. 「チャンネルの再選出」をタップ
  • 最適なチャンネルが自動選出されます。
  • 一度で改善しない場合は、複数回繰り返します。
  • 何度繰り返しても改善しない場合は、任意チャンネルを指定して変更します。
  • 任意の数字(チャンネル)の場合
  1. 「チャンネル」をタップして任意のチャンネルを指定
  • 最初に紹介した記事内容を把握してからチャンネルを変更します。
  • 5GHz帯を使用時は、「チャンネル幅」の値によって、各々に留意事項があります。
  • 「AUTO(推奨)」の場合、現状のチャンネル幅は把握できないため、4個以上離して変更します。
  • 「40MHz」の場合、2個以上離して変更します。
  • 「80MHz」の場合、4個のチャンネルが1組で使用されているため、現状の組に含まれないチャンネルに変更します。
  • 「80MHz」のチャンネルの組は、「36チャンネル」を先頭に、数字を+4、+8、+12した4個のチャンネルで1組になります。同様に先頭が「52チャンネル」、「100チャンネル」、「116チャンネル」の合計4組です。
  1. 「適用」ボタンをタップ
  • 再起動されるため、しばらく待ちます。
  1. HOME画面に戻ったら、チャンネルが変更されたこと確認して、Wi-Fiの状態を確認
  • 状態が改善しない場合は、何回か変更を繰り返します。

【対処②】チャンネル幅を縮小

チャンネル幅の縮小により、電波干渉の発生確率が下がり、Wi-Fiが安定する場合があります。

  • 現在2.4GHz帯のみを使用の場合は、2.4GHz帯よりも電波混雑する可能性が低い5GHz帯も使用してみます。
  • 近隣で数多くのWi-Fiが使用されて、チャンネルに全く空きが無い場合は、自宅のチャンネルを変更したり、チャンネル幅を縮小しても、電波混雑が回避できず、Wi-Fiが安定しない場合があります。