ESS-IDステルス機能の利用手順【効果:接続の難易度を高める】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • AtermのESS-IDステルス機能の利用手順

ESS‐IDステルス機能の利用手順【効果:接続の難易度を高める】

  • ESS‐IDステルス機能の効果

見ず知らずの者が、自宅のWi‐Fiに、勝手に接続する難易度を高める効果があります。

  • SSIDを隠蔽して、家族以外の人に秘密にすることで、自宅のWi‐Fiを誰からも見えなくします。SSIDを知っている人だけが接続できます。
  • 絶対に接続できないようにする効果はありません。

(1)スマホでクイック設定Webを開く

(2)ESS‐IDステルス機能を「ON」

ESS‐IDステルス機能を「ON」にする前に、必ずSSIDの値を正確に覚えておきます。

  • スマホが接続できない事態の発生を避けるために準備します。(詳細は後述)
  • ESS‐IDステルス機能を「ON」にすると同時に、全てのスマホが切断されます。
  1. 「Wi‐Fi詳細設定(2.4GHz)(または5GHz)」をタップ
  • 対象の周波数帯を選択します。
  1. 「ESS‐IDステルス機能(SSIDの隠蔽)」をタップして「ON」に変更
  • SSIDは「対象ネットワーク」をタップして切り替えます。
  • 中継機モードの時は、[親機連動](初期値)または[使用する]に変更します。「使用する」は「ON」と同じ意味ですが、「親機連動」させるには、要件の満足が必要です。(詳細は後述)
  1. 変更を保存
  • 「ESS‐IDステルス機能・・・(省略)・・・」と表示されたら[OK]をタップします。

Atermに接続できない時の対処法

ESS‐IDステルス機能を「ON」にした後、スマホや中継機をAtermに再接続できない時の対処法です。

スマホ(iPhone、Android)を接続できない

既存のSSIDでは再接続できません。

再度、Atermに接続し直す必要があります。

  • 家族であっても、再接続時、スマホにSSIDの手動入力が必要です。正確に値を入力できないと接続できないため、予めSSIDを正確に覚えたのは、このためです。

WPSで中継機等を接続できない

Atermは、WPSが無効になる仕様のため、ESS‐IDステルス機能を「ON」にした後は、WPSで再接続できません。

仕様でWPS無効のため、手動により接続します。

  • スマホの再接続と同様に、SSIDの手動入力が必要です。
  • 中継機によっては、WPSだけでなく、手動でも、SSIDを隠蔽していると、接続できない仕様の製品の場合があります。手動でも接続できない時は、仕様の確認が必要です。どちらの手段でも接続できない場合は、ESS‐IDステルス機能は利用できません。

参考:ESS‐IDステルス機能の「親機連動」要件

  • 「親機連動」は、中継機モード限定の機能です。

AtermのSSIDを親機に連動して隠蔽するには、下記の要件を両方同時に満足する必要があります。

  • 「親機連動」の要件
  • 親機のSSIDを隠蔽している

かつ

  • 周波数帯が、Atermが親機に接続した周波数帯と同じ

上図の例の場合、SSID④が要件を満足します。

SSID④のESS-IDステルス機能に「親機連動」を設定すれば、親機に連動して隠蔽できます。

  • SSID③は、要件を満足しません。親機との接続に使用している周波数帯とは異なるためです。「親機連動」を設定しても、親機に連動しません。もし①を隠蔽したとしても見える状態です。強制的に隠蔽するには、「使用する」を設定します。
  • SSID④も、「使用する」を設定すれば、仮に②を隠蔽していなくても、強制的に隠蔽できます。
スポンサーリンク