ESS-IDステルス機能の利用手順【中継器の親機連動には要件有】

  • 記事の内容
  • NEC製WiFiルーターのESS-IDステルス機能の利用手順

ESS-IDステルス機能の利用手順【中継器の親機連動には要件有】

(1)スマホでクイック設定Webを開く

(2)ESS-IDステルス機能を有効化

  • 再接続時には、スマホにネットワーク名(SSID)を入力します。他の接続情報と併せて記録しておきます。
  1. 「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)(または5GHz)」をタップ
  • 周波数帯別、さらにSSID別に隠蔽します。
  • セカンダリを隠蔽する場合は、画面が切替った後、対象ネットワークをセカンダリ変更します。
  1. 「ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)」をタップ(「ON」に変更)
  • 中継器として使用時は、「親機連動」(初期値)または「使用する」に変更します。
  • 「親機連動」させるには、要件(後述)の満足が必要です。
  1. 変更内容を保存して終了
  • 「ESS-IDステルス機能・・・(省略)・・・」と表示されたら[OK]をタップします。
  • 全てのWiFi接続が切断されます。

子機を接続できない時の対処法

ESS-IDステルス機能を有効にしたら、子機が接続できなくなった時の対処法です。

スマホ(iPhone、Android)を接続できない

スマホのWiFi設定を変更してから、再接続が必要

WPSで中継器等を接続できない

ESS-IDステルス機能を有効時は、WPS無効です。

WPSを使用するには、ESS-IDステルス機能を無効(「OFF」または「使用しない」)に変更

  • 子機(中継器等)によっては、WPSを利用しなくても、隠蔽されたSSIDには、接続できない仕様の製品があります。

参考:ESS-IDステルス機能の「親機連動」要件

  • 「親機連動」は、中継器として使用時の限定機能です。
  • 「親機連動」の要件

中継器が接続した親機の隠蔽されたSSIDと、同じ周波数帯の中継器のSSIDのみ、親機に連動して隠蔽される

  • 異なる周波数帯の中継器のSSIDは、「親機連動」に設定しても連動しません。見える状態のままです。
  • 上図の例の詳細です。
  • SSID③に「親機連動」を設定しても、親機連動しない。見える状態のまま
  • SSID④に「親機連動」を設定すると、親機連動して隠蔽される
  • SSID①を隠蔽して、③を「親機連動」にしても隠蔽されません。③は、①と同じ周波数帯ですが、①が、親機との接続に使用されていないためです。
  • もし、SSID③を隠蔽する場合は、ESS-IDステルス機能を[使用する]に設定します。
  • SSID④も、③と同様に設定すれば、親機とは関係なく隠蔽できます。