ESS-IDステルス機能を使う方法【効果:他人は容易に接続できない】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

AtermのESS‐IDステルス機能を使って、SSIDを隠蔽して他人には見え難くする方法を紹介

ESS‐IDステルス機能を使う方法【効果:他人は容易に接続できない】

ESS‐IDステルス機能を使う方法【効果:他人は容易に接続できない】

ESS‐IDステルス機能の効果:見ず知らずの者は容易には接続できない

ESS‐IDステルス機能を使うとSSIDを隠蔽できます。そのため、SSIDを知られない限り、他人には容易には接続できなくする効果を期待できます。

ただし、見え難くするだけであって、完全に存在を消せるわけではありません。そのため、容易には接続できなくなりますが、絶対にできなくする効果はありません。

手順(1):クイック設定Webを開く

スマホを使って行う場合は、これからESS‐IDステルス機能を有効にするSSIDを、なるべく避けて接続します。有効にすると同時に接続が切れるためです。

手順(2):ESS‐IDステルス機能を有効にする

必ず事前に、正確にSSIDを覚えておきます。覚えておかないとスマホが再接続できない事態に陥ります。

  1. 「Wi‐Fi詳細設定(2.4GHz)(または5GHz)」をタップ
  1. 「対象ネットワーク」をタップ(選択)
  1. 「ESS‐IDステルス機能(SSIDの隠蔽)」をタップして「ON」に変更
  1. [設定]をタップ
  • 「ESS‐IDステルス機能・・・(省略)・・・」と表示されたら[OK]をタップします。
  1. [今すぐ再起動する]をタップ
  1. [OK]をタップ

ESS‐IDステルス機能を有効にしたら接続できない時の対処法

スマホ(iPhone、Android)や中継機は、既存のままでは隠蔽したSSIDには接続できません。

対処法:手動でスマホや中継機を隠蔽したSSIDに接続し直す

再接続方法①:スマホ(iPhone、Android共通)

OSのWi‐Fi設定で、ESS‐IDステルス機能を有効にしたSSIDを一旦削除して、再度同じSSIDに接続し直します。

必ずSSIDの手動入力を求められるため正確に入力します。

再接続方法②:中継機

手動で再接続します。

WPSは使えません。ESS‐IDステルス機能を有効にすると、WPSは無効になるためです。

なお、中継機の仕様上の理由から、手動接続もできない製品もあります。もし繰り返し操作しても失敗する場合は、隠蔽したSSIDには接続できない可能性があります。

中継機モードのESS‐IDステルス機能を親機に連動させる要件

中継機モードのESS‐IDステルス機能を親機に連動させる要件

中継機モードのESS‐IDステルス機能は、親機にSSIDの状態を連動できます。ただし、下記の要件を満足する時だけです。

要件:「親機のSSIDが隠蔽」かつ「周波数帯が中継機モードが親機に接続したのと同じ」

上図の例の場合、SSID④が要件を満足します。ESS‐IDステルス機能を「親機連動」にすれば隠蔽できます。

  • SSID③は、要件を満足しません。親機と接続した周波数帯とは異なるためです。もし①を隠蔽しても同様に隠蔽できません。強制的に隠蔽するには「使用する」にします。
  • SSID④も「使用する」にすれば、仮に②を隠蔽しなくても強制的に隠蔽できます。
スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。