【Aterm】中継機モードを手動設定【強制DHCPサーバを利用】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • Aterm(NEC製)の中継機モードを手動で設定する手順を紹介

Atermの中継機モードを手動設定【強制DHCPサーバを利用】

  • 親機の近くで作業を行います。
  • 親機のSSID情報(暗号化キー等)を、予め確認しておきます。

①:モード切り替え

②:「強制DHCPサーバ」起動

強制DHCPサーバの起動は必須です。

  • 起動しないと、設定画面(クイック設定Web)が開かないため、設定できません。
  1. Atermを電源から外して10秒程度待つ
  1. 「らくらくスタートボタン」を長押したまま再度電源を入れて、「CONVERTER」ランプが緑点滅を開始したら放す

③:パソコンでクイック設定Webにログイン

有線でつながるパソコン等を使います。

  1. Atermの「LAN端子」にLANケーブルでパソコンをつなぐ
  • LAN端子の1~3のどれでも大丈夫です。
  1. Webブラウザーを開いて、URL欄に、 http://192.168.1.245/ を入力します。
  • 下記記事は参考です。
  • 有線でつながるパソコン等がない時は、WPSで設定する必要があります。

④:中継機モードを手動設定

  1. [親機との接続設定]―[Wi‐Fi接続先設定]をクリック
  1. 「ネットワーク名(SSID)」の[アクセスポイント検索]をクリック
  1. 『周囲にあるアクセスポイントのチャネルを検索します。~~(省略)~~』と出たら[OK]をクリック
  1. 『アクセスポイント検索中です。~~(省略)~~』と出たら、少し待つ
  1. 表示された一覧から、親機の「ネットワーク名(SSID)」の左隣になるラジオボタン(〇印)をクリックして、画面下側の[選択]をさらにクリック
  • 『5.2/5.3GHzのワイヤレスネットワークは電波法により~~(省略)~~』と出た時は、該当せず問題なければ[OK]をクリックします。
  1. 「暗号化モード」と「暗号化キー」に、親機と同じ値を入力して[設定]をクリック
  • 『2.4GHzのSSID~~(省略)~~』と出た時は、[OK]をクリックします。
  1. 『親機に接続中です。~~(省略)~~』と出たら、メッセージが出るまで少し待つ
メッセージ結果
『親機との無線設定が完了~~(省略)~~』成功
『親機とのWi-Fi接続ができませんでした。~~(省略)~~』失敗
  • 成功したら、自動で再起動が完了するまで少し待って終了です。
  • 失敗したら、[戻る]をクリックして、報の入力誤りに注意して、もう一度やり直します。[設定]をクリックした場合は、自動で再起動するのを待って、再度、強制DHCPサーバの起動からやり直します。
  • 親機のセキュリティー機能(参考:下記記事)により、設定が妨げられる可能性もあるため、予め調整しておきます。

Aterm(中継機モード)を親機とは区別する方法【SSID変更】

スマホを見ても、親機のSSIDしかなくて、中継機の存在を認識できない場合があります。

既述の手順で設定が成功すれば、認識できないだけで存在します。一見、存在しないように感じるのは、親機と同じになっているためです。(上図の例:③と④)

2個とも中継機独自のSSIDに変更できます。中継機を識別できるようになるため、親機と区別してつなげられます。

SSID変更の手順

Aterm(中継機モード)のSSIDが親機と同じになる状況

中継機モードにすると、合計2個のSSIDが自動で設定されます。親機との接続手段(WPS、手動)や親機の仕様の違いにより、結果に差が生じます。

2個とも親機と同じになる時と、1個だけ同じになって、残りの1個は親機とは異なる中継機独自のSSIDになる時があります。ただし2個とも中継機独自になることはありません。

状況①:1個だけ同じ

WPSで「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」に非対応の親機に接続

若しくは、

手動設定(親機の仕様は関係なし)

  • 親機と相互接続した周波数は、必ず同じSSIDになります。(上図の例:Y)
  • 他方は、中継機独自になります。(上図の例:Z)

状況②:2個とも同じ

WPSにより、「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」対応の親機に接続

  • 設定が完了したにも関わらず、中継機独自のSSIDが出てこないため、電波が出ていないように感じられて不安になりますが、親機と同じになっています。(上図の例:X、Y)
スポンサーリンク