【Aterm】WPSで中継機モードを設定する手順【ボタン長押し】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • WPSボタン操作により、親機から設定を引き継いで、Atermを中継機モードにする手順を紹介

【Aterm】WPSで中継機モードを設定する手順【ボタン長押し】

(1)モード切り替え

(2)WPS設定を開始

  1. 「らくらくスタートボタン」を長押し(押した状態を維持)して、以下になったら放す
ランプ状態特記
POWER緑点滅 他のランプは変化なし

(3)親機のWPS設定を開始

  • 中継機と同一製品の場合の手順です。
  • 他社の一部製品の場合は、例をいくつか紹介します。

(4)成功または失敗を判別

  1. AtermのPOWERランプの状態により、成功または失敗を判別
ランプ状態成功/失敗
POWER橙点灯成功
POWER赤点灯、または赤点滅失敗
  • 上記に遷移するまでに、ボタンを離してから、数分程度かかる場合があります。
  • 失敗時は、しばらく後、緑点灯(全ランプが最初の状態)に戻ります。何度かWPS設定を繰り返せば、成功する場合があります。
  1. 成功時、しばらく後、各ランプが下記に収束して終了
ランプ状態特記
POWER緑点灯
ACTIVE緑点灯、または橙点灯色は、親機と接続の周波数帯により異なる
【緑】2.4GHz帯使用
【橙】5GHz帯使用
2.4GHz緑または橙または赤、点灯または点滅(注)色は、親機から届く電波の強度により異なる
【緑】強
【橙】中
【赤】弱
5GHz同上(注)同上
CONVERTER橙点灯
  • 注:対象の周波数帯を無効にすると消灯します。
  • AtermのSSIDは、親機と同じ設定を引き継いだ場合、新たに追加されません。
  • スマホがAtermに接続できたか判別できます。
  • 親機と異なるSSIDに変更できます。

参考:WPS設定が失敗する時の確認事項

①.作業環境

  • 親機の電波が、Atermに確実に届いているか確認
  • できるだけ親機のすぐ隣で、Atermを操作します。

②.親機側の状態

  • WPS機能に対応の製品か確認
  • 併せて、WPS機能が無効になっていないかを確認します。セキュリティー対策(暗号化モード、MACアドレスフィルタリング機能、ステルス機能等)が原因で、制約(無効化)を受けている場合があります。
  • MACアドレスフィルタリング等を利用時は、中継機の接続を許可しているか確認
  • 「見えて安心ネット」対応のAtermを使用の場合、誤って中継機を「不正な端末」に登録していないか確認
  • 「見えて安心ネット」に関する参考情報です。
  • 上記に問題がない場合は、手動設定する方法も検討します。
スポンサーリンク