【バッファロー製】子機を繋ぐ設定手順【AOSSボタンでWPS接続】

  • 記事の内容
  • 無線LAN親機(エアステーション)のAOSSボタンを操作して、無線LAN子機中継器)を、WPS機能を使って繋ぐ設定手順を紹介

【バッファロー製】子機を繋ぐ設定手順【AOSSボタンでWPS接続】

①.無線LAN子機(中継器)のWPS機能起動

②.無線LAN親機(エアステーション)のAOSSボタン操作してWPS機能起動

  1. 「AOSSボタン」を長押し(約3秒)します。
  1. 「ワイヤレスランプ」が2回点滅(緑色)と消灯を交互に繰り返すようになったら手を放します。
  1. しばらくして、緑色点灯または橙色点灯に変われば終了です。
  • 緑色点灯の場合は、2つの周波数帯で無線LANを使用可能です。橙色点灯の場合は、1つの周波数帯で無線LANを使用可能です。
  • 緑色の連続点滅に変わった場合は、接続失敗です。

参考:AOSSボタンが反応しない(点滅しない)時の原因と解決法

  • 原因と解決法①

WPS機能、および本体側AOSSボタンによるAOSS接続が、両方ともに無効の可能性があります。

  • [詳細設定]-「無線設定」-「WPS」画面の「WPS機能」は「使用する」にチェック記号を入れる(必須)
  • 上記の設定を満足すれば、[詳細設定]-「無線設定」-「AOSS」画面の「本体側AOSSボタン」は「使用する」にチェック記号がなくても、WPS接続はランプが点滅して可になります。
  • 原因と解決法②

無線機能が、両方の周波数帯ともに無効の可能性があります。

  • 無線LAN子機との接続に使用する周波数帯は、[詳細設定]-「無線設定」-「2.4GHz」(または「5GHz」)画面の「無線機能」の「使用する」にチェック記号を入れる(必須)

参考:AOSSボタン操作で繋がらない時の原因と解決法

  • 原因と解決法①

ANY接続拒否の周波数帯には、WPS機能が無効のため繋がりません。

  • 無線LAN子機との接続に使用する周波数帯は、[詳細設定]-「無線設定」-「2.4GHz」(または「5GHz」)画面の「ANY接続」の「許可する」にチェック記号を入れる
  • 原因と解決法②

MACアクセス制限を使用の周波数帯には、WPS機能が無効のため繋がりません。

  • 無線LAN子機との接続に使用する周波数帯は、[詳細設定]-「無線設定」-「MACアクセス制限」画面の「無線パソコンの接続 (2.4GHz)」(または「無線パソコンの接続 (5GHz)」)の「制限する」のチェック記号を外す
  • 原因と解決法③

SSID2およびゲストポートには、WPS機能では繋がりません。

  • 無線LAN子機で、SSIDを手動選択して繋ぐ

参考:WPSとAOSSの違い

内容WPSAOSS
中継器(無線LAN子機)の接続(注1)中継器がWPS機能対応であれば、バッファロー製品(エアステーション)以外でも接続可中継器がAOSS機能対応のバッファロー製品(エアステーション)であれば接続可
起動方法AOSSボタン押下AOSSボタン押下
ANY接続拒否併用不可同左(注2)
MACアクセス制限併用不可同左
  • 注1:無線LAN親機(エアステーション)に、中継器を無線LAN子機として接続する場合を前提にしています。
  • 注2:ANY接続拒否時にAOSS接続すると、ANY接続は自動で「許可する」になります。