【IODATA製ルーター】中継器に設定【WPSを使って簡単に完成】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • IODATA製のWi-Fiルーターの中継機能を、WPS機能を使って設定する手順を紹介

【IODATA製ルーター】中継器に設定【WPSを使って簡単に完成】

①:「モード切り替えスイッチ」を「リピーター」に切り替え

②:親機(つなぐ相手)のWPS機能を開始

  • 以下は、親機に関する参考情報です。

③:中継機能を設定

  1. 「WPSボタン」を1秒程度押して離す
  • 「WPSランプ」が点滅し始めます。
  1. しばらく待ち、WPSランプの状態により成功/失敗を判別
状態成功/失敗記事
点灯成功5分程度で消灯
速く点滅失敗2分程度で消灯

参考:スマホのつなぎ先(親機または中継器)の選択を自動化

スマホのつなぎ先が、電波条件の良い方が自動で選択された方が、使い勝手が良いと感じる場合の使用方法です。

初期は、中継機能の設定が完了すると、親機とは別に、独立したSSIDが同時に有効になります(上図:③と④)。そのため、スマホのつなぎ先は、手動で選択します。

  • 実現方法
  • 初期とは別のSSIDを、親機と同じ名称にして有効化
  • 初期のSSIDは、中継器に添付の「無線LAN設定情報シート」または本体の底面に記載されています。固定値です。変更できません。
  • 新たに有効化するSSIDは、親機と異なる任意の名称にも変更できます。
  • 手順は、以下を参考にします。

参考:スマホのつなぎ先を知る方法

中継器の電波が強い場所で、スマホのつなぎ先が気になる時は、以下を参考に確認します。

  • 親機の状況を知るには、親機側の調査が必要です。

参考:中継機能を手動設定する手順

スポンサーリンク