IODATA製Wi-Fiルーターの各モードの違い【APモード切り替えは手動?】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • モード切り替えスイッチと動作モードの関係を紹介

「モード切り替えスイッチ」と動作モードの関係

(1)「ルーター/AP」設定

ルーターモード(Wi-Fiルーター)またはAPモード(アクセスポイントモード)にして利用します。利用の環境に応じて、どちらかの動作モードに自動で切り替わります。

  • 利用したい動作モードにならない場合は、設定画面から強制的に切り替えます。

ルーターモード(Wi-Fiルーター)

  • 「電源ランプ」が、点灯
  • 「インターネットポート」のランプが、点灯

APモード(アクセスポイントモード)

  • 「電源ランプ」が、点灯

参考:設定画面から強制的に動作モードを切り替える手順

初期設定した後、スマホはWi-Fi接続できているのに、ホームページが閲覧できない場合があります。

その際、有線LANルーターに接続しているパソコン等から閲覧できるか確認してみます。もし閲覧できる場合は、アクセスポイントに、原因がある可能性があります。原因の一つとしては、動作モードが正しく切り替わっていない場合があります。

そのため、まずは現状の動作モードを調査して、もし、誤っている場合は、強制的に切り替えます。

①.現状の動作モードを調査
  1. 設定画面を開きます。
  1. 画面の上側に表示されている現状の動作モードを確認します。
  • 「APモード」以外の場合は、次の手順で強制的に切り替えます。
②.強制的に動作モードを切り替え
  1. 引き続き[インターネット設定]をタップします。
  1. インターネットへの接続方法の一覧の中から、[Apモード]の左側のボタンをタップして選択して、[設定]をタップします。
  1. 再起動に数分かかるメッセージ画面が表示されるため、[OK]をタップします。
    再起動が完了したら完了です。
各動作モードに関する、一般的な機能については、リンクの記事を参考にします。

(2)「リピーター」設定

リピーターモード(中継器)として利用

  • 「電源ランプ」が、点灯

スポンサーリンク