【バッファロー製】MACアクセス制限の解除手順【登録漏れに注意】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

MACアクセス制限を利用して、予め制限を解除したスマホだけが、自宅のWiFiにつながるようにする手順を紹介

【バッファロー製】MACアクセス制限の解除手順【登録漏れに注意】

  • 留意事項
  • 専門知識を持つ者による悪意ある攻撃に対しては、MACアクセス制限は無意味になり、自宅の環境の安全を守る効果はありません。
  • 有線でつながる機器には、MACアクセス制限は適用できません。
  • MACアクセス制限を開始後、AOSSやWPSは利用できません。
  • どのモードでもMACアクセス制限を利用できますが、中継器モードの場合は、親機の同様の機能も含めた検討が必要です。

(1)スマホで設定画面を開く

(2)スマホのMACアクセス制限を解除

2種類の方法を選択して制限を解除できます。

一つ目は、スマホを自動検出させて解除します。MACアクセス制限を開始前に、限定してできる方法です。もう一つは、MACアドレスを手動入力して解除します。MACアクセス制限を開始後は、制限を解除していないスマホはつながらず自動検出できないため、誤りのないように注意して手動で入力します。

  • 解除できるMACアドレスは最大64個です。スマホの台数ではありません。

制限解除方法①:自動検出

MACアドレスを自動検出させた後、簡単なボタン操作で制限を解除できます。

  1. MACアクセス制限を解除するスマホをWiFiにつなぐ
  • 中継器モードの時は、スマホは、必ず中継器モードのSSIDにつなげます。親機と共用のSSIDしかない場合は、中継器モードの隣でつなぎます。
  • つながった状態を維持して、次に進みます。
  1. [詳細設定]-[無線設定]-[MACアクセス制限]-[登録リストの編集]を順番にタップ
  • 「検出された無線パソコン一覧」に、前の手順でつないだスマホのMACアドレスが表示されます。
  • 表示されない場合は[現在の状態を表示]をタップします。
  • 中継器モードの時は、中継器モードにスマホがつながっていないと表示されません。繰り返しても表示されない場合は、後述の手動入力により解除します。
  1. 「検出された無線パソコン一覧」のMACアドレスの右隣の[登録]をタップ
  • 『設定が完了しました。~~~(以下省略)』と表示されたら、しばらく待ちます。
  1. 画面が戻り「登録リスト」に、MACアドレスが表示されれば登録成功
  • 設定画面を開くスマホは、まず最初に、必ず制限を解除します。解除しておかないと、MACアクセス制限を開始と同時に、つながらなくなります。

制限解除方法②:手動入力

MACアクセス制限を開始前に、スマホを自動検出させなかったり、または開始後に、制限を解除するには、手動入力します。

  1. 既述の自動検出と同様に[詳細設定]-[無線設定]-[MACアクセス制限]-[登録リストの編集]を順番にタップ
  1. 「登録リストの新規追加」の「登録するMACアドレス」右の欄をタップして、MACアドレスを手動入力
  • MACアドレスは、全て半角文字を使用して「××:××:××:××:××:××」の形式で、記号のコロン(:)で区切ります。
  1. [新規追加]をタップ

(3)MACアクセス制限を開始

  1. 前の手順に続けて[編集を終了して前の画面へ戻る]をタップ
  1. 画面が切替り「無線パソコンの接続(2.4GHz)」(または「無線パソコンの接続(5GHz)」)の「制限する」をタップ(チェックを入れる)
  1. 画面右下の[設定]をタップ
  1. 『無線パソコンのMACアクセス制限を有効に~~~(以下省略)』と表示されたら[設定]をタップ
  1. 『設定が完了しました。~~~(以下省略)』と表示されれば制限開始
  • スマホの接続状態は、下記記事を参考に確認します。

参考:MACアクセス制限の有効範囲

SSID「無線パソコンの接続(2.4GHz)」を「制限する」「無線パソコンの接続(5GHz)」を「制限する」
SSID1と2(2.4GHz)有効無効
SSID1と2(5GHz)無効有効
ゲストポート無効無効
  • SSID1と2は、同じ周波数帯であれば、一つの設定で両方のMACアクセス制限が有効になります。
  • 「ゲストポート」には、MACアクセス制限は有効になりません。

【バッファロー製】MACアクセス制限を解除しても、つながらない時の対処法

以下の両方に当てはまる場合、MACアクセス制限の解除不足が原因です。この状態のままでは、時々、スマホがWiFiルーターにつながらないため、対処が必要です。

  • 自宅のWiFiには、複数のSSIDがあり、同じスマホを切り替えて使う
  • スマホのMACアドレスが、SSID毎に変わる【注】

【注】1台のスマホであっても、SSIDの数だけMACアドレスがあります。スマホに初期設定されている可能性があります。iPhoneやAndroidのOSのバージョンにより異なります。

下記のどちらか一方の対処法により、MACアクセス制限の解除不足を解消します。

対処法①:スマホを設定して対処する

自宅では、どのSSIDにつながっても、共通の1個のMACアドレスだけになるように、スマホのWiFi設定を変更

  • MACアクセス制限解除の対象が、1台のスマホに対して、1個のMACアドレスだけで済みます。解除漏れを抑制できます。
  • スマホの設定手順は、以下を参考にします。

または

対処法②:WiFiルーターを設定して対処する

SSID毎のスマホのMACアドレスを、漏れなく全て、WiFiルーターに登録

  • SSID別に存在する全てのMACアドレスに対して、制限の解除が必要なため、手間が増えます。
スポンサーリンク