【IODATA製】MACアドレスフィルタリングの設定手順【Wi-Fiマモルと比較】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • MACアドレスフィルタリングの設定手順を紹介
  • 作業の流れ

【IODATA製】MACアドレスフィルタリングの設定手順【Wi-Fiマモルと比較】

①.スマホで設定画面にログイン

②.スマホ等のMACアドレスを登録

  1. [詳細設定]をタップします。
  1. 画面が切り替わり[無線設定]をタップします。
  1. 画面が切り替わり「MACフィルター」タブをタップします。
  1. 下記内容を登録します。
■項目■内容■特記
[説明]任意の内容を入力空欄で登録不可
[MACアドレス]スマホ等のMACアドレスを入力手動入力のほか、自動認識可
  • [パソコンの選択]をタップすると、Wi-Fi接続中のスマホ等が自動認識されて、MACアドレスが表示されます。MACアドレスを選択して[<]をタップすれば「MACアドレス」欄に移ります。
  1. [追加]をタップして「MACアドレスフィルタリングテーブル」を確認します。

③.MACアドレスフィルタリングを有効化

  1. 引き続き[MACアドレスフィルタリング有効]の左の[□]をタップしてチェックマークを入れます。
  1. 画面右下の[設定]をタップします。
  1. 『MACアドレスフィルタ―(以下省略)』と通知がでたら、内容を確認して[設定]をタップします。通知がでなければ、次に進みます。
  • 通知の概要
  • WPS機能が、無効になり使えなくなります。
  1. 『Wi-Fiマモル機能(以下省略)』と通知がでたら、内容を確認して[OK]をタップします。通知がでなければ、次に進みます。
  • 通知の概要
  • Wi-Fiマモルと同時の利用は、できません。
  1. 『設定反映中(以下省略)』と表示されたら、画面を閉じて終了です。

参考:Wi-Fiマモルと比較

1.スマホ等の登録手段

  • Wi-Fiマモル

予め指定した管理端末により登録します。

  • Webブラウザーを開くと、最初に登録画面が表示されます。
  • MACアドレスフィルタリング

設定画面を開ければ、どのスマホ等を使っても登録できます。

  • 設定画面はアプリを使えば簡単に開けます。Webブラウザーを使う場合、利用状況によって異なるIPアドレスを把握する必要があるため、登録に少し手間がかかる場合があります。

2.利用制約がある動作モード

  • Wi-Fiマモル

リピーターモードでは利用できません。

  • MACアドレスフィルタリング

全ての動作モードで利用できます。

  • リピーターモードでは、親機のMACアドレスフィルタリングの検討が必要です。

3.GuestSSIDへの接続

  • Wi-Fiマモル

未登録のスマホ等も接続できます。

  • GuestSSIDの利用には注意が必要です。
  • MACアドレスフィルタリング

未登録のスマホ等は接続できません。

4.その他の比較

■内容■Wi-Fiマモル■MACアドレスフィルタリング
スマホ等の登録契機Wi-Fi接続してきた時点で、登録予め、登録
初期の状態無効無効
接続制限の基MACアドレスMACアドレス
スマホ等の最大登録台数許可:最大50台

拒否:最大10台
許可:最大32台
WPS機能の併用不可

スポンサーリンク