【バッファロー製】ANY接続拒否の設定手順【デメリットもあり】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

「ANY接続拒否」設定して、自宅のSSIDをステルスにする手順を紹介

【バッファロー製】ANY接続拒否の設定手順【全モードで利用可】

ANY接続拒否は、SSIDをスマホで検索できず、表示されなくする効果があります。自宅のSSIDを知らない人からは、存在を認識しにくくなるため、無断接続を難しくするメリットを期待できます。

  • 「ANY接続拒否」と「ステルス」は、同じ機能を意味しています。

①.スマホで設定画面を開く

②.ANY接続拒否設定

  1. [詳細設定]をタップ
  1. 「無線設定」をタップ
  1. 「2.4GHz」または「5GHz」をタップ
  1. 「基本設定」の「ANY接続」の「許可する」のチェックボックスのチェックを、タップして外す
  • 「ANY接続」の設定項目は、1箇所でSSID1と2の両方に対して、共通して効力があります。
  1. 画面右下の[設定]をタップ
  • 『設定中です・・・』と表示されたら終了です。

特記事項:中継機モードを利用時は親機の考慮が必要

  • 中継機モードのSSIDを、親機と同じにしている場合は、親機も一緒にANY接続拒否(ステルス)にしないと、意味がありません。
  • 中継機が接続している親機のSSIDをANY接続拒否(ステルス)にすると、一旦、親機との通信が切断されます。しかし、しばらく待てば、自動接続します。

【バッファロー製】ANY接続拒否のデメリット【3つあり】

ANY接続拒否には、デメリットも存在するため、内容を加味して利用します。

デメリット①:セキュリティー効果は低い

  • 悪意ある人からの攻撃を防御する効果はありません。

セキュリティー効果はないため、技術に詳しい人であれば、無断で接続できる可能性があります。一般的な人であれば、接続は困難になる可能性はありますが、過信は禁物です。

デメリット②:全てのスマホを再接続する手間が必要

  • ANY接続拒否前に接続していた場合も、ANY接続拒否後は、そのままでは、つながらなくなります。

全てのスマホが、改めて接続し直す対象になります。スマホ等の設定で、SSIDを正確に手動入力する必要があります。ただし、一度でもつながれば、以降はANY接続拒否設定以前と同様につながります。スマホでSSIDを検索できで表示もされます。

ANY接続拒否した後の再接続方法は、以下記事を参考にします。

デメリット③:WPSは利用できない

  • WPSでは、新規に子機(中継器等)を接続できません。

子機を増設するには、ANY接続拒否を解除するか、または手動による方法で子機を接続する等の、追加の手間が必要です。

また、類似機能のAOSSも併用できません。もしAOSS接続を使うと、自動で「ANY接続」は「許可する」に戻ります。

スポンサーリンク