自宅のWi-Fiが勝手に使われる危険性を減らす手順【エレコム製】

  • 記事の内容
  • 自宅のエレコム製無線ルーターに、勝手に繋いでないか確認する手順と、勝手に繋ぎにくくする設定を紹介

自宅のWi-Fiが勝手に使われる危険性を減らす手順【エレコム製】

自宅のWi-Fiに勝手に繋いでないか確認

繋いだ形跡の有無を調査します。

①.管理画面に入る

②.現在の状況を調査

ステータス(システム情報)表示機能により、現在、無線で繋いでいる機器台数を確認します。

  1. [その他設定]をタップ
  1. [ステータス]をタップ
  1. 「無線設定」「マルチSSID」「友だちWi-Fi」の各「接続端末台数」を確認
  • 自分が認識する機器台数と比較します。
  • 「無線設定」「マルチSSID」には、周波数帯別に確認します。
  • 「マルチSSID」と「友だちWi-Fi」は、ルーターモードのみにある機能です。
  1. 自分の認識と台数が乖離する場合は、さらに次の調査に進みます。

③.疑わしい機器の特定

DHCPサーバー機能の「接続端末の表示」により、疑わしい機器を特定します。

また、現在のみならず、一定期間を過去にさかのぼって調査できます。

  • ルーターモード限定で調査できます。他モード使用時は、有線LANルーターや親機側の同様の履歴を調査します。
  1. [WAN&LAN]をタップ
  1. [LAN]をタップ
  1. [接続端末の表示」をタップ
  1. MACアドレスを確認して特定
  • 現在は繋いでいなくても、DHCPリース時間(初期値:48時間)が未経過であれば掲載されます。
  • 履歴には、有線で繋がる機器も含まれます。疑わしい機器と誤認しないように対象から外します。

自宅のWi-Fiに勝手に繋ぎにくくする設定

勝手に繋いだ形跡の有無に関わらず、勝手に繋ぎにくくする対策を施します。

①.応急処置(接続制限)

  • 技術に詳しい人に対しては、防御効果が低いため、同時に後述する恒久対策も検討します。
「アクセスコントロール」による接続拒否
  1. [セキュリティー]をタップ
  1. [アクセスコントロール]をタップ
  1. 「アクセスコントロール」の右欄の「有効」のボタンをタップ(黒くする)
  1. 「MACアドレス」の空欄に、前述の疑わしい機器を入力
  • 入力時、前出の「接続端末の表示」に表示の記号「:」(コロン)は省きます。
  1. 「追加」をタップ
  1. 「アクセスコントロール」の一覧にMACアドレスが追加されたことを確認
  1. 「適用」をタップ
SSIDのステルス化
  • 以下はSSIDの変更に関しての記事ですが、一緒にステルス化の手順も記載しているため参考にします。

②.恒久対策(危険性の低減)

勝手に繋がれる危険性を低減する対策例です。

不使用のSSIDの無効化

特に「メインSSID」は、初期値が有効です。不使用時は無効にして、Wi-Fiの入り口の数を必要最低限にします。

  1. [Wi-Fi]をタップ
  1. [メイン(または「マルチ」)SSID]をタップ
  1. 不使用の周波数帯を無効化して、[適用]をタップ
  • 「友だちWi-Fi」は、厳密に使用時のみ有効にして管理します。なお「HOME」画面上で、ボタンをタップして、有効と無効を相互に切り替えます。
WPSの無効化

WPS機能には、セキュリティーに脆弱性があるため、不使用時は無効にします。

  1. [Wi-Fi]をタップ
  1. [WPS]をタップ
  1. 「WPS機能」の右欄の「無効」のボタンをタップ(黒くする)
  1. 「適用」をタップ
Wi-Fiパスワード(暗号化キー)の変更

他人に推測されにくい値に変更します。