【エレコム製】自宅のSSIDを変更【中継器モードは親機から引継】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • SSIDを変更する手順を紹介
  • 番外:SSIDをステルス(検索されない)にする手順を紹介

【エレコム製】自宅のSSIDを変更【中継器モードは親機から引継】

【動作モード別】SSID変更の可不可

動作モード可不可
ルーター
アクセスポイント
中継器不可(注1)
子機

注1:管理画面では変更不可です。親機のSSIDを変更して、WRC-1900GSTを再接続すると、新しいSSIDを親機から引き継ぎます。

①.スマホで管理画面に入る

②.SSID変更

  1. [Wi-Fi]をタップします。
  1. 画面が替わり[メインSSID](または[マルチSSID])をタップします。
  1. 画面が替わり[2.4GHz]または[5GHz]をタップします。
  1. 「SSID」を上書きします。
  • 「認証方式」「暗号化」「キーの種類」「暗号化キー」も、同時に変更できます。
  • 「暗号化キー」を変更時は、変更内容を正確に記憶します。スマホ等の再接続時に必ず入力するパスワードです。
  1. 画面下の[適用]をタップして「設定の反映」画面になれば終了です。

参考:【中継器モード限定】親機のSSID情報を引継ぐ

  1. 親機側で自身のSSIDを変更します。
  • 変更時点で、親機とWRC-1900GSTの通信は切断されます。中継器としての機能は停止します。
  1. WRC-1900GSTを親機に再接続して、情報を引き継ぎます。
  • 管理画面に入って手動接続する場合、管理画面のアドレスは、WRC-1900GSTが親機に接続中に付与された値が残っています。親機側が変更後、WRC-1900GSTを再起動した場合は、初期のアドレス(192.168.2.1)に戻っています。
  • WPS接続する場合は、そのままの状態から操作しても接続可です。

番外:SSIDをステルス(検索されない)にする手順

【動作モード別】SSIDのステルス(検索されない)の可不可

動作モード可不可
ルーター
アクセスポイント
中継器不可(注2)
子機

注2:他にも下記制約があります。

  • WRC-1900GSTに引き継いだSSIDを、親機側でステルス(検索されない)にすると、WRC-1900GSTは通信切断
  • WRC-1900GSTは、ステルス(検索されない)の親機のSSIDに接続不可

SSIDをステルス(検索されない)設定

  1. SSIDの変更と同一画面で「ステルス機能」の「有効」ボタンをタップ(黒色に)します。
  • 「ステルス機能」項目は「詳細設定」の右側の[+]をタップすると表示されます。
  1. [適用]をタップして「設定の反映」画面になれば終了です。
スポンサーリンク