【Aterm】ネットワーク分離機能の活用法【来客用Wi-Fi作成】

  • 記事の内容
  • ネットワーク分離機能を活用して、来客用のWi-Fiを作成する手順

【Aterm】ネットワーク分離機能の活用法【来客用Wi-Fi作成】

  • 上図は、2.4GHzのセカンダリSSIDを使用する場合の例です。
  • 中継機モード、Wi-Fi子機(CONVERTER)モードでは利用できません。
  • ネットワーク分離機能の特徴
メリットデメリット
SSIDに接続したスマホに対して、「WAN端子」を通過する通信(インターネット接続等)だけを許可する、特別なWi-Fiを作れる(上図)ブリッジモードでは、通信できる範囲が拡大して、有線LANルーターも含まれるため、セキュリティ対策に留意する必要がある(詳細は後述)
  • プリンタを使用時の注意事項
  • ネットワーク分離機能が有効のSSIDからは、自宅のプリンタ(無線および有線のどちらも)を使って印刷できません
  • セカンダリSSIDは、ネットワーク分離機能が、初期値で有効です。無線プリンタを接続すると、初期値のままでは、家族であっても、誰も印刷できません。ネットワーク分離機能の解除が必要です

【メリットの活用法】来客用Wi-Fiを作る

ネットワーク分離機能を有効にして、家族のスマホ等との通信を隔離できるSSIDを、来客用として提供します。

  • 今回は、既出の図と同様にする前提で紹介します。

①.スマホでクイック設定Webを開く

②.ネットワーク分離機能を有効化

  1. [Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)]をタップ
  1. 画面上部の「対象ネットワークを選択」をタップ(「セカンダリSSID:Aterm-(以下省略)」を選択)
  1. [選択]をタップ
  1. 「Wi-Fi機能」をタップ(「ON」に変更)
  • 初期値は「OFF」(無効)です。
  1. 「ネットワーク分離機能」が「ON」を確認
  • 初期値は「ON」(有効)です。
  1. [設定]をタップ(変更を保存)
  • 2.4GHzは、ステルス機能が初期値で有効です。必要に応じて無効にします。

【デメリットに留意】ブリッジモードのセキュリティ

  • ブリッジモードの通信範囲
注釈(上図)通信先通信可/不可
注1インターネット等
注2有線LANルーターに接続のパソコン等
注3有線LANルーターの管理画面
  • ネットワーク分離機能をブリッジモードで利用時は、WAN端子を通過する通信範囲が、インターネット(上図の注1)だけに留まらず、有線LANルーター(注2および3)に拡大します。

セキュリティ対策の強化検討が必要

  • 悪意を持つ人が、ブリッジモードの来客用SSIDに、知らぬ間に接続できてしまうと、自宅の環境が危険に晒される可能性があります。
  • セキュリティ対策例

ブリッジモードに接続できる手段を制限する対策を施します。

  • 使用が終わったら、すぐに接続情報を変更して、古い情報での接続を不可にする
  • 来客用SSIDは、必要最小限の時間のみ有効にする