【Aterm】ネットワーク分離機能の活用法【来客用Wi-Fi作成】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

ネットワーク分離機能を活用して、来客用のWi‐Fiを作成する手順

【Aterm】ネットワーク分離機能の活用法【来客用Wi‐Fi作成】

AtermにWi‐Fiで繋がるスマホに対して、「WAN端子」を通過する通信(インターネット等)だけを許可します。Atermに繋がる他の機器との通信を拒否します。

  • ネットワーク分離機能の活用法

来客用Wi‐Fiを提供できます。

ネットワーク分離機能のメリットは、来客用のWi‐Fiに活用できることです。

  • インターネット以外の通信を拒否できることを活用して、来客用Wi‐Fiを隔離します。他人に、家族用のWi‐Fiを開放しなくて済むため、安全性が損なわれる心配がなくなるメリットがあります。
  • 有線で繋がる(「LAN端子」に接続の)プリンタやパソコン等には、ネットワーク分離機能を適用できません。
  • 中継機モード、Wi‐Fi子機(CONVERTER)モードでは、ネットワーク分離機能を利用できません。
  • 今回は、2.4GHzのセカンダリSSIDを使用する場合を例にします(既出の図)。同様にプライマリSSIDや5GHzも使用できます。

①.スマホでクイック設定Webを開く

②.ネットワーク分離機能を「ON」に変更

  1. [Wi‐Fi詳細設定(2.4GHz)]をタップ
  1. 画面上部の「対象ネットワークを選択」をタップして「セカンダリSSID:aterm‐・・・(以下省略)」を選択
  1. [選択]をタップ
  1. 「Wi‐Fi機能」をタップして「ON」に変更
  • 初期値は「OFF」です。
  1. 「ネットワーク分離機能」が「ON」を確認
  • 初期値は「ON」です。
  1. 変更を保存
  • セカンダリSSIDは、ステルス機能の初期値が「ON」です。見えなくて不便に感じたら「OFF」にします。
  • プリンタを使用時の注意事項
  • 来客用のWi‐Fiに繋がるスマホからは、Atermに繋がる(無線/有線を問わず、どちらも)プリンタを使って印刷できません。
  • プリンタをセカンダリSSIDに無線で繋げる場合は、意識的にネットワーク分離機能の解除(「OFF」)が必要です。セカンダリは、ネットワーク分離機能の初期値が「ON」です。初期値のままでは、誰もプリンタを使って印刷できません。

ブリッジモード(アクセスポイントモード)で利用時の留意事項

ブリッジモード(アクセスポイントモード)では、安全性に対する留意が必要です。来客用Wi‐Fiからの通信範囲が拡大するデメリットが生じます。

  • WAN端子を通過する通信範囲が、インターネット(上図の注1)だけに留まらず、有線LANルーター(注2および3)に拡大します。
  • インターネットだけに通信範囲を限定できません。
  • 来客用Wi‐Fiから通信できる範囲
注釈(上図)通信先通信可/不可
注1インターネット等
注2有線LANルーターに接続のパソコン等
注3有線LANルーターの管理画面
  • 近所に悪意を持つ人がいると、自宅のWi‐Fiが危険に晒される可能性があります。

安全性対策例

来客用Wi‐Fiに繋げられる機会を限定して、さらに頻繁に情報を変更します。下記の対策を一方ではなく、両方を一緒に施した方が、より効果が高いです。

  • 対策①.必要最小限の時間のみ、来客用Wi‐Fiを「ON」にする

未使用時は停止して、来客用Wi‐Fi自体に繋がらないようにします。

  1. 既出と同じ設定画面の「Wi‐Fi機能」をタップして「OFF」に変更
  • 対策②.使用が終わったら、すぐにWi‐Fi情報を変更する

来客用Wi‐Fiが「ON」でも、最新の情報を知らない限り、繋がらないため、安全性が高まります。

スポンサーリンク