アクセスポイントとルーターの違い【自宅の環境にはどっちが必要?】

  • 記事の内容
  • アクセスポイントとルーターの機能の違いと、自宅の環境には、どっちが必要かの見極め方を紹介

アクセスポイントとルーターの違い【自宅の環境にはどっちが必要?】

動作モード機能の違い具体的な用途
アクセスポイントWi-Fi機能を提供自宅にWi-Fi環境を作る
ルータールーター機能を提供自宅の固定回線の終端機器に接続して、インターネッに接続する

自宅の環境に必要な機器の見極め手順

  1. 自宅の固定回線に、ルーター機能を持つ機器を接続して、インターネットにつないでいる?
  • 『いいえ』

ルーターが必要

  • 『はい』

次の質問に進む

  1. Wi-Fi機能のあるルーターを使っている?
  • 『いいえ』

自宅にWi-Fi環境を作るには、別途アクセスポイントが必要。なお、Wi-Fiルーターに買い替えれば、別途アクセスポイントは不要

  • 『はい』

自宅の環境には、既にルーターもアクセスポイントもあるため、別途の設置不要

【特徴】アクセスポイント

Wi-Fi機能のないルーター(有線LANル-ター等)に、アクセスポイントを追加設置(Wi-Fi機能を提供)することで、自宅の環境に、スマホ等を無線接続できるようになります。(上図)

  • アクセスポイントは、ルーターと必ず有線接続します。
  • Wi-Fiルーターの動作モードをアクセスポイントに切り替えて利用可能です。

筐体のスイッチで動作モードを切り替えます。

動作モードを自動的に利用環境に合わせる製品があります。ただし、適切に選定されず、接続不可や通信不安定等が生じる場合があります。

管理画面を操作して動作モードの状態を確認します。また、製品によっては、対処方法がメッセージ表示される場合があります。

【特徴】ルーター

有線LANルーターとWi-Fiルーターの2種類あります。

自宅にWi-Fi環境作る場合は、Wi-Fiルーターを選択します。ルーター機能に加えて、Wi-Fi機能があるため、別途アクセスポイントが不要です。(上図)

ホームゲートウェイのアクセスポイントやルーターとの違い

ホームゲートウェイは、ルーター機能を兼ねる回線終端装置です。

固定回線の契約種別によっては、固定回線会社から提供される場合があります。また、Wi-Fi機能の有無を選択可能な場合があります。

Wi-Fi機能がある機種は、別途ルーターもアクセスポイントも不要です。(上図)

Wi-Fi機能がない機種は、別途ルーターは不要ですが、アクセスポイントを接続すればWi-Fi環境を作れます。

【参考】ホームゲートウェイのPPPoEブリッジ機能の利用手順

ホームゲートウェイのPPPoEブリッジ機能を利用すると、有線接続したルーターからPPPoE接続ができます。(上図)

  • ルーターに接続のパソコンやスマホからは、ホームゲートウェイ(管理画面、有線及び無線接続の機器等)とは通信できません。
  • ホームゲートウェイ(RS-500MI)の設定手順は以下です。
  1. 「Web設定」画面を開く
  • ホームゲートウェイに接続のスマホ等から、WebブラウザーにホームゲートウェイのIPアドレスを入力して開きます。
  1. [トップページ]>[詳細設定]>[高度な設定]の順にタップ
  1. さらに[ブリッジ設定]をタップ
  1. 「PPPoEブリッジ」の「使用する」にチェック記号を入れる(初期値)
  1. [設定」をタップ