アクセスポイントとルーターの違い【どっちが必要かを見極める】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

アクセスポイントとルーターの違いを明確にして、どっちが必要かを端的に見極める方法を紹介

アクセスポイントとルーターの違い【どっちが必要かを見極める】

アクセスポイントとルーターの違い【どっちが必要かを見極める】

アクセスポイントとルーターの違いは、「インターネットにつながる環境を作る」機能と「Wi‐Fi(無線LAN)でスマホ等がつながる環境を作る」機能のうち、どれを提供できるかにより区別できます。

違い:提供できる機能

種類提供機能
アクセスポイントWi‐Fi(無線LAN)でスマホ等がつながる環境を作る
ルーターインターネットにつながる環境を作る

アクセスポイントの提供機能:Wi‐Fi(無線LAN)でスマホ等がつながる環境を作る

アクセスポイントは、Wi‐Fi(無線LAN)環境を作って、スマホ等がつながるようにします。

なお、ルーター機能がないため、アクセスポイントだけでは、インターネットにはつながりません。Wi‐Fi機能のないルーター(後述のルーターの種類①)につなぐことによって、Wi-Fi(無線LAN)環境を作ると同時に、インターネットにつながるようになります。アクセスポイントは、ルーターと必ず有線でつなぎます。

  • アクセスポイントには、専用の製品だけでなく、Wi-Fiルーターを活用して動作モードを切り替えることにより、アクセスポイントとして使用できる製品もあります。ただし、自動または手動により切り替えるため、状況によっては、管理画面の操作が必要になります。

ルーターの提供機能:インターネットにつながる環境を作る

ルーターは、固定回線の終端装置につなぐことで、パソコン等をインターネットにつながぐことができます。

ルーターは、パソコン等をつなぐ手段の違いによって、さらに2種類に分類します。どちらの種類であっても、インターネットにつながる環境を提供できるのは共通の機能です。

ルーターの種類①:有線だけでつながる

パソコン等は有線でルーターにつなぎます。

なお、ルーターにアクセスポイントをつなげば、無線(Wi‐Fi)環境を作れます。

ルーターの種類②:無線(Wi‐Fi)と有線のどちらでもつながる

一般に「Wi‐Fi(無線LAN)ルーター」と呼ばれます。アクセスポイントの機能を併せ持ちます。

アクセスポイントとルーターのどっちの機能が必要かを見極める手順

現状を把握して、既存の環境に必要な機能を見極めます。

見極め手順(1):インターネットにつながる環境が既にある?

現在、既に固定回線にルーター機能を持つ機器をつないで、インターネットにつながる環境はありますか?

『いいえ』:ルーターが必要

Wi-Fiiルーターを設置すれば、Wi-Fii環境も一緒に作れます。この場合、アクセスポイントは不要です。

『はい』:見極め手順(2)に進む

どっちが必要かを見極めにるは、さらに情報が必要です。

見極め手順(2):既存の環境にWi-Fi機能はある?

既存のインターネット環境には、Wi-Fi機能があってスマホ等もつながりますか?

『いいえ』:アクセスポイントを設置すれば、Wi-Fi環境を作れる

もし、既存のルーターをWi-Fiルーターに買い替えれば、アクセスポイントの別途設置は不要です。

『はい』:どっちの機器も必要ない

もし、家の中にWi-Fiが届きにくい場所があるため解決したい場合は、中継器の設置を検討します。

【参考】ホームゲートウェイのアクセスポイントとルーターとの違い

【参考】ホームゲートウェイのアクセスポイントとルーターとの違い

違い:ホームゲートウェイは、ルーター機能を兼ねる回線終端装置

家の外から来た光ケーブルが、直にホームゲートウェイに接続されています。ただし、必ず設置される訳ではありません。固定回線の契約種別によっては、通信会社が工事の際に設置します。

Wi‐Fi機能の有無は、契約する際に選択できる場合があります。Wi‐Fi機能がある機種の場合は、別途にアクセスポイントもルーターも不要です。ない機種の場合はルーターは不要ですが、Wi‐Fi環境を作るには別途にアクセスポイントが必要です。

なお、Wi‐Fi機能のないホームゲートウェイにWi‐Fiルーターを接続する場合等、どちらの機器にPPPoE接続を設定するか迷う場合があります。結論はどちらでも問題ありません。もしルーターに設定する場合は、ホームゲートウェイのPPPoEブリッジ機能の利用手順を参考にします。これにより、ホームゲートウェイに設定は不要になります。

ホームゲートウェイのPPPoEブリッジ機能の利用手順

  • この場合、ルーターに接続したパソコンやスマホから、ホームゲートウェイ(管理画面、有線及び無線接続の機器等)とは通信できない場合がありますが、できるようにするには専門知識が必要になります。

ホームゲートウェイ(RS‐500MI)のPPPoEブリッジ機能の設定手順は以下です。

  1. 「Web設定」画面を開く
  • ホームゲートウェイに接続のスマホ等から、WebブラウザーにホームゲートウェイのIPアドレスを入力して開きます。
  1. [トップページ]>[詳細設定]>[高度な設定]の順にタップ
  1. さらに[ブリッジ設定]をタップ
  1. 「PPPoEブリッジ」の「使用する」にチェック記号を入れる(初期値)
  1. [設定」をタップ
スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。