【バッファロー製】無線ルーターをアクセスポイントに設定する手順

スポンサーリンク
  • 記事の内容

無線ルーターのルーター機能を停止して、アクセスポイントモードを使用する手順を紹介

【バッファロー製】無線ルーターをアクセスポイントに設定する手順

  • 有線ルーターのDHCPサーバー機能を利用することを前提にしています。

①.MODEスイッチ切り替え

②.有線ルーターに接続

  • 「LAN端子」または「INTERNET端子」のどちらか一方を、有線接続して完了
  • どちらの端子でもOKです。
  • 接続が完了すれば、設定画面を開かなくても機能を使用できます。
  • SSIDは、製品の個体毎に異なる初期値があります。本体底面に貼付のシールおよびセットアップカードに記載されています。
  • 初期値は変更できます。ただし、設定画面を開くにはコツが必要です。詳細は後述します。

【バッファロー製】スマホがアクセスポイントに繋がらない時の対処法

スマホがIPアドレスを自動取得できないことが、原因の可能性があります。

出荷状態から起動して設定が完了した直後は、初期値を別途変更しない限り、スマホのIPアドレスは、必ず自動取得させます。

また、スマホに固定IPアドレスを手動設定することで、設定画面は開くけど、他には繋がらない場合もあります。この場合も同様にすれば解決します。

対処法①:アクセスポイントを確実に有線接続する

有線ルーター側のランプ等により、端子の通信状態を確認できれば、さらに確実です。

  • アクセスポイントには、通信状態を把握できるランプがないため、目視による簡単な方法では確認できません。

対処法②:有線ルーターの機能を確実に稼働させる

有線ルーター側の機能(以下)を確実に稼働させます。

機能①:IPアドレスの払出し

DHCPサーバー機能の状態を確認します。またIPアドレスの払出し数を限定して、既に上限に達していたり、または特定のMACアドレスの機器にしか払出さない等、制限を設けている場合は見直します。

機能②:セキュリティーの解除

セキュリティー機能(MACアドレスフィルタリング等)による制限に注意して、許可するスマホに対しては解除します。

【バッファロー製】アクセスポイントモードの設定画面を開くコツ

初期のIPアドレス(固定値)にアクセスしても、開けない場合があります。既に他の値(不特定)に、変化している可能性があります。

コツ:IPアドレスを調査してから、設定画面にアクセス

下記記事を参考に調査します。

スポンサーリンク