【バッファロー製】無線ルーターをアクセスポイントに設定する手順

  • バッファロー製の無線ルーターのルーター機能を停止して、アクセスポイントとして使用する手順を紹介

【バッファロー製】無線ルーターをアクセスポイントに設定する手順

①.MODEスイッチ切り替え

②.有線LANルーターに接続

  • 「LAN端子」または「INTERNET端子」のどちらか一方と、LANケーブルで接続して完了
  • どちらの端子に接続してもOKです。
  • 接続が完了した時点で、スマホを繋げられます。アクセスポイントは、設定画面を開かなくても使用開始できます。
  • アクセスポイントのSSIDは、出荷状態から起動した場合、製品の個体毎に異なる名称が付けられています。SSIDは、アクセスポイントの底面に貼付のシールおよびセットアップカードに記載されています。

参考:アクセスポイントの設定画面を開く方法

  • アクセスポイントの正確なIPアドレスにアクセス
  • IPアドレスを自動取得する(初期値)ため、初期値とは異なる値に変化している可能性があります。
  • アクセスポイントモードを利用時も、ルーター機能を利用時と同様に、設定画面を開くことで、設定値を変更したり、稼働状態を確認できます。
  • アクセスポイントのSSIDは、自分の好みの名称に変更できます。

参考:スマホが繋がらない時の確認事項

アクセスポイントが正常に稼働しても、スマホが繋がらない場合があります。考えられる原因は、スマホにIPアドレスを自動付与していない可能性です。

  • アクセスポイントを出荷状態から起動した場合、スマホは、必ずIPアドレスを自動取得する必要があります。
  • 確認事項
  • アクセスポイントと有線LANルーターを、LANケーブルを使って双方の端子に確実に接続
  • 端子の通信状態を、有線LANルーター側のランプ等により確認
  • アクセスポイントには、「LAN端子」と「INTERNET端子」の通信状態を把握できるランプはありません。
  • DHCPサーバー(有線LANルーター等の機能)のIPアドレスの払い出し一覧を確認