【バッファロー製】アクセスポイントモードの設定画面をスマホで開く方法

スポンサーリンク
  • 記事の内容

Wi-Fiルーターをアクセスポイントとして使用時に、スマホで設定画面を開く方法を紹介

【バッファロー製】アクセスポイントモードの設定画面をスマホで開く方法

【バッファロー製】アクセスポイントモードの設定画面をスマホで開く方法

Wi-Fiルーターをアクセスポイントモード(以下、「アクセスポイント」という)にした後は、次の2つの事項を確実に行ってから設定画面を開きます。

  • スマホをアクセスポイントに繋ぐ
  • 正確なアドレスを使う
  • なお、モード切替えスイッチが「BRIDGE」であれば、初期アドレス(192.168.11.100)を使って設定画面が開く場合があります。ただしその際には、スマホにIPアドレスを手動で設定します。一例として、192.168.11.101が使えます。

必須(1):スマホをアクセスポイントに繋ぐ

DHCPサーバーとの通信を良好にして、スマホにIPアドレスを払出すことが絶対に必要不可欠です。

  • 既に繋がっている場合は、後述の必須(2)を行います。

手順①:アクセスポイントのSSIDに繋ぐ

必ずアクセスポイントに繋ぎます。他では設定画面は開きません。

  1. スマホの「設定」アプリをタップ
  1. アクセスポイントのSSIDをタップ
  • もし繋がらなければ、以降の手順②と③を行います。

手順②:アクセスポイントと有線ルーターをしっかり確実に繋ぐ

DHCPサーバーとの通信を良好にします。

  1. LANケーブルでアクセスポイントと有線ルーターをしっかりと繋ぐ
  • 有線ルーター側のランプ状況も併せて確認すればさらに確実です。

手順③:有線ルーターの正常性を確認

  1. DHCPサーバー機能を確認
  • 有線ルーターの管理画面を使って機能が開始済であることを確認します。
  • もし過去に意識的にIPアドレスの払出しに制限を設けた場合は見直します。例えば、払出す個数に上限を設けたり、一部の機器にしか払出さない、等を行っている場合です。
  • スマホだけでなく、アクセスポイントも制限を受けないように対象からは除外します。
  1. セキュリティー機能を確認
  • 例えば、セキュリティー機能(MACアドレスフィルタリング等)を意識的に利用時は、スマホとアクセスポイントは対象から除外します。

必須(2):正確なアドレスを使う

設定画面のアドレスにはアクセスポイントのIPアドレスを使います。そのため、正確なアドレスを把握する必要があります。

なお、アクセスポイントとして日常的に使用時は、初期アドレスでは設定画面を開けない可能性が高いです。アドレスは高い確率で不特定に変化するためです。

  • DHCPサーバーを調査
  • 管理画面を使います。
  • アクセスポイントと同一製品であれば、以下が参考になります。
  • もし特定が困難であれば、アプリを使うことで把握が不要になり簡単に設定画面を開けます。
スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。