【バッファロー製】自宅の『WiFiが切れる』要因を解消する方法

スポンサーリンク
  • 記事の内容

自宅のWiFiでスマホが頻繁に切れる要因を、WiFiルーター(バッファロー製)を設定して解消する方法を紹介

【バッファロー製】自宅の『WiFiが切れる』要因を解消する方法

【バッファロー製】自宅の『WiFiが切れる』要因を解消する方法

上図の(1)~(7)の方法により、WiFiが切れる要因を解消します。

  • 下記は事前の参考情報です。

解消方法(1):電波の強さを上げて、途中で減衰する影響を軽減

強い状態のまま電波がスマホに届けば、WiFiが切れる要因が解消する可能性があります。距離や障害物が邪魔して、徐々に電波が弱くなる影響を軽減します。

手順①.設定画面を開く

手順②.電波の出力値を上げる

  • 5GHz帯のみ調整できます。
  1. [詳細設定]→[無線設定]→[5GHz]と順にタップ
  1. 「拡張設定」の[送信出力]値を確認
  • 初期値は「100%」です。もし異なる場合は、現状より高い割合に変更します。

手順③.WiFiルーターの位置や向きを微調整

  • 5GHz帯と2.4GHz帯の両方に施せます。
  • ケーブル配線を考慮して、無理のない範囲で微調整します。前後左右だけでなく、可能ならば上下(高さ)も含めます。

参考:中継器を設置して電波を途中で増幅

  • 5GHz帯と2.4GHz帯の両方に施せます。

別途の機器を追加設置します。特定範囲に限定されますが、電波が弱くなる前に増幅されて、強い状態のまま届くようになります。これまで電波が弱くて、WiFiが切れる要因になっていた場合は、解消できる可能性があります。

解消方法(2):無線チャンネルを変更して、付近の電波干渉を回避

空いている無線チャンネルを使用して、近所との電波干渉を回避すれば、WiFiが切れる要因が解消する可能性があります。

  • 5GHz帯では、変更しても切れる場合は、レーダー波を検知時に発生している可能性もあるため、36~48チャンネルのいずれかにして回避します。

解消方法(3):倍速設定を見直して、付近の電波干渉を抑制

無線チャンネルの使用数(倍速設定)を調整して、付近の電波干渉を抑制すれば、WiFiが切れる要因が解消する可能性があります。

  • 既述の無線チャンネルの変更により解消できなかった場合に、一緒に併せて見直すと効果的な場合があります。

解消方法(4):スマホの接続を他方の周波数帯に替えて、付近のWiFi混雑を回避

周波数帯を替えて接続して、もし2種類のうち、どちらかが空いていれば、WiFi混雑を回避して切れる要因が解消する可能性があります。

  • 同時に、他の効果も得られて、2重の効果により解消する可能性があります。2.4GHz帯は障害物等の影響を軽減します。5GHz帯は家電製品の影響を回避します。

解消方法(5):再起動して、過負荷を解消

WiFiルーターの電源を入れ直します。もし一時的に機器に負荷が過剰にかかっている場合、再起動により安定した状態に戻って、WiFiが切れる要因が解消する可能性があります。

解消方法(6):節電機能のモード遷移スケジュールを見直して、スマホの強制切断を回避

節電機能のモード遷移が、日常のWiFiの使用時間帯に重ならなくすることにより、切れる要因を解消します。もし節電機能を利用している場合は、モードが切り替わる時に、スマホが強制的に切れる場合があります。

  • なお、節電機能が初期値の場合、機能を利用していないため関係ありません。

手順①.節電機能の利用状況を確認

  1. 設定画面の[詳細設定]→[アプリケーション]→[スケジュール]と順にタップ
  1. 「省電力」の「使用する」のチェック状態を確認
  1. チェク記号がある場合は、次の手順で節電機能のモードが切り替わるスケジュールを確認
  • チェク記号がない場合は、節電機能は利用はありません。

手順②.遷移スケジュールを確認

  1. 利用状況の確認と同一画面で、週間スケジュールの「ユーザー定義」モードの登録状況を確認
  1. 登録の有無により異なる対応を実施(以下)
  • 登録がある場合

モード遷移遷移時刻を見直します。

以下のモード遷移時刻に、スマホが切れる場合は、モード遷移がWiFiが切れる要因になっている可能性があります。

  • 「通常動作」から「ユーザー定義」に遷移
  • 「ユーザー定義」から「通常動作」に遷移
  • 登録があっても、他のモード遷移の場合は、WiFiが切れる要因は節電機能ではなく、他の影響の可能性があります。
  • 登録がない場合

節電機能による影響はありません。

  • ただし「スリープ」モード中は、常に切れるため注意します。

手順③.遷移スケジュールを変更

「ユーザー定義」モードの登録状況に応じて、遷移スケジュールを変更します。

  1. 同一画面で、新しいスケジュールを上書き入力
  1. [追加]をタップ

解消方法(7):ファームウェアを更新して、不測の事象の発生を回避

旧版のファームウェアの利用が原因になり、不測の事象(WiFiが切れる等)が発生する危険を回避します。

  1. 設定画面の[詳細設定]→[ステータス]→[システム]を順にタップ
  1. 製品名欄の「Version x.xx」の部分を確認
  • 最新版数は、2.94です。(2018/08/02付)
  • 最新版でなければ、更新を検討します。
スポンサーリンク