【NEC製】オートチャネルセレクトの使い方【機能は本体起動時に働く】

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • NEC製WiFiルーターの「オートチャネルセレクト」機能を、効果的に使う方法を紹介

【NEC製】オートチャネルセレクトの使い方【機能は本体起動時に働く】

オートチャネルセレクト機能により、自宅のWiFiを快適に使用できる可能性があります。

  • オートチャネルセレクト機能は、初期に、利用する設定になっています。
  • 中継器として使用時、オートチャネルセレクト機能の設定はできません。

①.スマホでクイック設定Webを開く

②.オートチャネルセレクト機能を設定

初期に、利用する設定のため、ここでは設定状況を確認します。

  1. [Wi‐Fi詳細設定(2.4GHz)](または5GHz)をタップ
  1. 「オートチャネルセレクト機能」に[使用する(標準)]が設定済を確認
  1. 設定が異なる場合は、変更して保存します。
  1. 確認が済んだら、クイック設定Webを閉じる

③.チャンネルを自動選定

  1. 手動で、本体の電源を入れ直して再起動
  • 周辺のWiFi状況は刻々と変化する可能性があります。そのため、再度、自宅のWiFiが不安定(強弱を繰り返す、切れる等)になったら、都度、本体の電源を入れ直します。

オートチャネルセレクトの特徴【デメリットは弊害を生まない仕組み】

オートチャネルセレクト機能には、メリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
周辺のWiFi状況を、自分で調査したり、手動でチャンネルを変更する手間が省ける(注1)周辺のWiFi状況が変化しても、適宜に、自動で再選定はされず、手動で本体の電源を入れ直す必要がある(注2)

(注1)WiFi状況を鑑みて、通信条件の良いチャンネルが自動で選定されます。

(注2)周辺のWiFi状況が変化しても、同じチャンネルを使い続けます。そのため、通信条件が悪化した場合も、適宜の再選定はされません。改めて自動選定させるには、再度、手動で本体の電源を入れ直す必要があります。また、再度同じチャンネルが自動選定されて、状況が改善しない場合もあります。

  • デメリットのお陰で、他に弊害を生まない仕組みになっています

チャンネルを自動選定するために、毎回、手動で本体の電源を入れ直す必要があることは、オートチャネルセレクト機能のデメリットです。しかし、他に弊害を生まないための仕組みとも考えられます。

もし、周辺のWiFi状況が、頻繁に変化する環境で、チャンネルを頻繁に切り替えてしまうと、都度、通信も切れてしまう弊害が生じる危険性があります。オートチャネルセレクト機能の仕組みは、頻繁に通信が切れる危険性を生みません。

ただし、5GHz帯を使用時は、レーダー波を検出すると、周辺のWiFi状況に関係なく、DFS機能により自動で他のチャンネルに変更される場合があります。

任意チャンネルの指定手順【オートチャネルセレクトは無効にする】

オートチャネルセレクト機能でも、WiFiが快適にならなかったり、または直ぐに不安定に戻ってしまう場合があります。その場合、オートチャネルセレクト機能は無効にして、手動で任意チャンネルを指定して、周辺のWiFiの混雑の回避を試みます。

なお、5GHz帯を使用時は、屋外で利用したい場合や、通信衛星等からのレーダー波の影響を受けなくしたい場合にも活用できます。

  • 通信状況の良し悪しを、一つずつ試して判断できるため、比較的に通信条件の良いチャンネルを、運良く発見できる可能性があります。
  • 常に周辺のWiFiが大混雑していたり、または短時間で状況が変化する環境では、一時的にしか効果が維持できない場合があります。手動指定する場合は、繰り返しの指定が、短期間に必要になる場合があります。
  1. 既述と同じ設定画面を開く
  1. 「オートチャネルセレクト機能」に[使用しない]をタップ
  1. 「使用チャネル」に任意チャンネルをタップ(選択)
  • 5GHz帯は、規格のタイプ名を指定します。
  • [現在の状態]をタップすれば、「Wi‐Fi情報」の「使用チャネル」で、現状を確認できます。
  1. ダイアログボックスによる注意喚起が出た場合は、内容を承知して[OK]をタップ
  • ダイアログボックスが出なければ、次に進みます。
  1. 変更内容を保存
  • 事前にWiFiの特性を把握すると、効果的な指定に役立ちます。
スポンサーリンク