【Aterm】デュアル/クワッドチャネル設定【WiFi速度改善】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

Aterm(NEC製WiFiルーター)のデュアルチャネルまたはクワッドチャネル機能を設定して、WiFi速度を改善する手順を紹介

【Aterm】デュアル/クワッドチャネル設定【WiFi速度改善】

デュアルチャネル機能(注)またはクワッドチャネル機能(注)は、自宅のWiFi環境に合わせて使用すれば、WiFi速度を向上できます。ただし、合わない使い方をすると、逆に低下させてしまうデメリットがあります。

自宅の環境に合わせて使用することを念頭に置いて、後述する手順で、機能の使用する/しないを切り替えます。

(注)デュアルチャネル機能は、2.4GHz帯が対象です。クワッドチャネル機能は、5GHz帯が対象です。

①.クイック設定Webにアクセス

②.デュアルチャネル/クワッドチャネル機能を設定

  1. 「Wi-Fi(無線LAN)設定」(中継機として利用時は「子機との接続設定」)の[Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)または(5GHz)])をタップ
  1. 「Wi-Fi機能設定」の「デュアルチャネル機能」(または「クワッドチャネル機能」)の設定値をタップして選択(後述参照)
  1. [設定]をタップ
  1. [今すぐ再起動する]をタップ

(参考)デュアルチャネル機能の使い方

選択肢①:「使用する(自動切替)」(初期値)

Atermが、自動で最適な状態に調整します。自宅のWiFi環境を意識しなくても、快適にWiFiを使える場合があります。

  • デメリットは、近隣のWiFi状況が、絶え間なく大きく変化する場合、デュアルチャネル機能の自動切り替えが間に合わないと、自宅のWiFiが不安定になり、速度が低下する可能性があることです。
  • 速度に不満(遅い、途切れる等)を感じたら、近隣の影響を受けている可能性があるため、「使用しない」(選択肢③)に変更します。

選択肢②:「使用する(優先)」

優先的にデュアルチャネル機能が使用されます。近隣にWiFi混雑がないことが明白であれば、使用しない場合より、速度(通信規格の理論値)が速くなります。

また、Atermが保有するWiFi速度に関する性能を、最大限に発揮する設定に固定しておき、自動切替させたくない場合の選択肢にもなります。

  • スマホ等がデュアルチャネルに未対応の場合は、機能は使用されません。
  • デメリットは、近隣のWiFiが混雑すると、急激に、悪影響を受けて、自宅のWiFiが不安定になり、速度が遅くなる可能性が高まることです。
  • 速度に不満(遅い、途切れる等)を感じたら、「使用する(自動切替)」(選択肢①)または「使用しない」(選択肢③)に変更します。

選択肢③:「使用しない」

近隣のWiFiが、常に混雑していたり、状況が絶え間なく変化する時に、自宅のWiFiが不安定な状態を緩和して、速度改善の効果を発揮する場合があります。

  • 改善しない場合は、下記を併用します。

(参考)クワッドチャネル機能の使い方

選択肢①:「使用する」(初期値)

Atermが、自動で最適な状態に調整します(固定ではありません)。自宅のWiFi環境を意識しなくても、快適にWiFiを使える場合があります。

  • デメリットは、近隣のWiFi状況が、絶え間なく大きく変化する場合、クワッドチャネル機能の自動切り替えが間に合わないと、自宅のWiFiが不安定になり、速度が低下する可能性があることです。
  • 速度に不満(遅い、途切れる等)を感じたら、近隣の影響を受けている可能性があるため、「使用しない」(選択肢②)に変更します。

選択肢②:「使用しない」

近隣のWiFiが、常に混雑していたり、状況が絶え間なく変化する時に、自宅のWiFiが不安定な状態を緩和して、速度改善の効果を発揮する場合があります。

  • 改善しない場合、近隣のWiFiが原因ではなく、5GHz帯に特有の、他の要因が影響している可能性もあります。
スポンサーリンク