【バッファロー製】インターネットアクセスランプ「消灯」時の解決法

  • 記事の内容
  • エアステーションのインターネットアクセスランプが消灯して使えない時に、原因を切り分けて特定する方法を紹介

【バッファロー製】インターネットアクセスランプ「消灯」時の解決法

切り分け①.電源の投入状態

  • エアステーションの電源アダプターを、自宅の電源コンセントに挿入
  • 他のランプも含めて、全て消灯していれば、まずは電源の未投入を疑います。
  • 電源アダプターを電源コンセントに挿入しても、全てのランプが消灯したまま変わらなければ、機器故障等も疑われます。

切り分け②.起動状態

  • 「POWER/DIAG」ランプが「緑点灯」
  • 全ての動作モードに共通して、正常時は必ず「緑点灯」します。
  • 念のため、一旦、電源アダプターをコンセントから外して再度挿入しても、「緑点灯」しなければ、機器故障等も疑われます。

切り分け③.動作モード

  • ルーター機能の必要性を判断
  • インターネットアクセスランプの消灯は、ルーター機能の無効を意味します。
  • エアステーションが無線ルーターの時は、手動で有効に切り替えます。
  • エアステーションがアクセスポイントや中継器の時は、正しい状態のため、後述の確認に進みます。

切り分け④.有線LANルーターや親機との接続状態

  • エアステーションと確実に接続
  • また稼働状態や、親機の設定により子機の接続に制限がないことも留意します。