【Aterm】らくらく無線スタートでスマホを接続できない時の対処法

  • 記事の内容
  • Aterm(親機)の「らくらく無線スタート」機能を使って、スマホを接続できない場合の対処法を紹介

Atermのらくらく無線スタートでスマホを接続できない時の対処法

スマホで「らくらく無線スタート」機能を利用できる製品は限定されます。スマホを接続できない場合は、機能に不対応の可能性があります。スマホの対応状況は後述します。

【対処法】スマホをAterm(親機)に接続する手段

スマホが「らくらく無線スタート」機能に不対応の場合は、以下の手段で接続します。

  • 「らくらくQRスタート」で接続する
  • 手動で接続する

接続手順は以下記事を参考にします。

  • スマホの「らくらく無線スタート」機能の対応状況
OS対応状況記事
iPhone不対応
Androidバージョン5.0以上は、不対応機能の利用に必要な「らくらく無線スタートex for android」に不対応のため

Atermには「WPS」機能もありますが、対応するスマホの製品は、同様に限定されます。

Atermの「らくらく無線スタート」と「WPS」の違い

AtermをWi-Fi親機として利用時、ボタン操作だけでWi-Fi子機を接続できる機能には、「らくらく無線スタート」だけではなく「WPS」もあります。両機能共にAtermの無線LAN接続情報を、Wi-Fi子機に自動登録して接続します。

【対比】「らくらく無線スタート」と「WPS」の特徴

内容らくらく無線スタートWPS
利用できる子機製品(注1)対応製品が限定的(WPSと比較して少ない)一般的な規格のため、多数メーカーおよび製品が対応
「暗号化モード」に「暗号化無効」を利用時の子機の接続可/不可不可(注2)条件付き可(注3)
MACアドレスフィルタリング機能を利用時の子機の接続可/不可可(注4)不可
ステルス(隠蔽)SSIDへの子機の接続可/不可不可

(注1)スマホに関しては、既述の通り、両機能共に利用できる製品は限られます。

(注2)「暗号化無効」以外を使用すれば、機能を利用できます。

(注3)子機によっては「暗号化無効」や「WEP」以外でないと、機能を利用できない場合もあります。

(注4)子機のMACアドレスが、無線ルーターの接続許可エントリに未登録でも接続できます。接続時に自動で許可されます。ただし、登録数が、既に上限に達していると接続は失敗します。

「らくらく無線スタート」と「WPS」は、基本的には、どちらを利用するかを意識する必要はありません。Atermが子機側の機能の対応状況を判別して、自動で切り替えます。

ただし、子機によって機能が限定される場合には、一方を指定します。Atermの設定画面を開いて「Wi‐Fi基本設定」画面の「Wi‐Fi自動設定」で選択します。