Aterm『ブリッジモードへの切り替えを推奨します』に対処する方法

  • 記事の内容
  • クイック設定Web(NEC製Aterm)に案内される「ブリッジモードへの切り替えを推奨します」に対処する方法を紹介

Aterm『ブリッジモードへの切り替えを推奨します』に対処する方法

  • WAN端子には、ホームゲートウェイ(回線終端装置を兼ねる)を接続した環境を想定しています。

対処方法

現在のインターネット接続環境の有無、および自分の要望内容によって、対処方法が変わります。

  • 『ブリッジモードへの切り替えを推奨します』のメッセージは、ローカルルータモードの時に案内される可能性があります。
  • 動作モードは、クイック設定Webのホーム画面で確認できます。

(1)ローカルルータモードを継続使用

以下の全ての条件に当てはまる場合の対処法です。

  • ただし、通信に支障がある場合は、ブリッジモードに切替えます。
  1. 現在、既にホームゲートウェイを経由して、インターネットに接続できる
  2. 追加設定をせずに、今の状態のまま使用したい
  3. メッセージを消さなくても構わない

(2)ブリッジモードに切り替えて使用

以下の全ての条件に当てはまる場合の対処法です。

  1. 現在、既にホームゲートウェイを経由して、インターネットに接続できる
  2. 追加設定をせずに済ませたい
  3. メッセージを消したい
  4. 通信に支障が生じる可能性を、予め排除しておきたい
  • モード切替えスイッチを切替えて、ブリッジモードにする作業が必要です。

(3)PPPoEルータモードに切替えて使用

以下の全ての条件に当てはまる場合の対処法です。

  1. 現状では、ホームゲートウェイを経由して、インターネットに接続できない
  • メッセージは消えます。
  • ホームゲートウェイ側で、PPPoE認証に関わる通信を透過する「PPPoEブリッジ」機能を有効にする必要があります。
  • PPPoEルータモードを設定する手間が必要です。
  • ホームゲートウェイからIPアドレスが付与されなかった場合は『インターネット接続できません』と案内されます。この場合も同様にPPPoEルータモードに切替えます。

ブリッジモードへの切り替え推奨の理由

『ブリッジモードへの切り替えを推奨します』と案内された場合、従った方が好都合な場合があります。

ブリッジモードが好都合な理由

  • ローカルルータモードより、機器にかかる負荷が低減して、通信速度が改善する可能性がある(特に、大容量の通信を複数のスマホ等で行う場合)
  • ローカルルータモードでは、特定の使い方ができない(通信ポート等に配慮が必要な通信が規制を受ける)時、規制を回避できる可能性がある
  • 一般家庭でのインターネット接続の場合、ルーター機能を持つ機器は、1つあれば実現できる場合が多い(ローカルルータモードのルーター機能は不要)
  • ホームゲートウェイには、ルーター機能があります。WG1200HS3もローカルルータモード時、ルーター機能が動作します。そのため、通信データーがWG1200HS3を経由して、さらにホームゲートウェイから回線側に抜けるまでに、2つのルーター機能を持つ機器を経由することになります。インターネット接続の利用であれば、どちらか一方のルーター機能だけを動作させれば要件を満足できます。
  • 通信に支障がなければ、ルーター機能を持つ機器が2重に存在しても、そのまま使用できます。