WiFiルーターの管理用パスワードの変更手順【必要性を診断する】

スポンサーリンク
  • 記事の内容

WiFiルーターの管理用パスワードの安全性を診断して、変更の必要性がある場合の手順をメーカー別に紹介

WiFiルーターの管理用パスワードの変更手順【必要性を診断する】

WiFiルーターの管理用パスワードの変更手順【必要性を診断する】

管理用パスワード変更の必要性を診断して必要の場合には、他人に推測されにくい値に変更して、自宅のWiFiルーターの安全性を向上します。

管理用パスワードが他人に推測されやすいと、WiFiルーターの管理画面に不正アクセスして、勝手に設定を変更される危険性があります。

診断:管理用パスワードの変更の必要性

以下の①または②のどちらかでも当てはまる場合は、パスワードを他人に推測されやすい可能性があります。そのため、他の値に変更して安全性を向上させます。

推測されやすい①:初期パスワード(工場出荷状態)

初期の値をそのまま使用している場合が該当します。(上図の①)

例、password 等

製造メーカーによっては、同一型番の製品には、共通の初期パスワードを使用している場合があります。もし無作為に攻撃された場合、最初に対象になる可能性があるため危険です。

推測されやすい②:単調な文字列

自分で任意に登録したけど、特定種類の文字を使用して簡易的に羅列しただけの単調な文字列を使用している場合が該当します。(上図の②)

例、123456、 aaaaaa 等

これらは、総当たり攻撃をされた場合、早い段階で解読される可能性があるため危険です。

メーカー(1):NEC製品の変更手順

メーカー(2):バッファロー製品の変更手順

メーカー(3):エレコム製品の変更手順

メーカー(4):IODATA製品の変更手順

WiFiルーターの管理用パスワードを変更する際の留意事項

以下の事項に留意して変更します。

留意事項①:パスワードには他人に推測されやすい単語の使用を避ける

以下に当てはまる単語の使用を避けます。

  • 住所、名前、生年月日等、自分を含む家族や親類に関係するもの
  • 同一数字や文字の連続
  • 一般的な単語
  • 他にも、他人に推測されやすいかも知れないと、少しでも感じたら使用を避けます。また、複数の機器で同じ値の使い回しも避けます。
  • 様々な文字と数字と記号を全て組み合わせて、合計10文字以上の値にすることを推奨する製造メーカーがあります。

留意事項②:変更後のパスワードを記録して保存する

値を忘れてしまうと、WiFiルーターを設定したり、状態を確認できなくなります。そのため、変更後の値は、絶対に忘れないように必ず控えて保存します。

留意事項③:パスワードが外部に漏洩しないように管理する

値を他人に知られなくするため、人目の付く場所に値を記載しなかったり、思い切って家族にも内緒にしてしまう、等により厳重に管理します。

スポンサーリンク

Wi-Fiやインターネット設定のおすすめ業者

専門業者の有料サービスを利用して、Wi-Fiの設定やインターネット接続のトラブルを解決する方法があります。