自宅のWi-Fiルーターの管理者パスワード変更の必要性を判断

スポンサーリンク
  • 記事の内容
  • 自宅のWi-Fiルーターの管理者パスワードに、変更の必要性があるかどうかを判断する指標を紹介

自宅のWi-Fiルーターの管理者パスワード変更の必要性を判断

現在の管理者パスワードの安全性が心配な場合は、他人による推測しやすさを考慮して、変更の必要性を判断します。

  • 管理者パスワードに起因する被害例
  • 自宅のWi-Fiルーターの設定画面に不正アクセスを受けて、管理者パスワードや、その他の設定を変更される
  • 設定画面にログインできなくなるだけでなく、自宅のWi-Fiルーターを悪用されてしまう可能性がある

他人に推測されやすいパスワード例

  • 初期パスワード(工場出荷状態)を変更せず、そのままの値を使用(上図の①)
  • 自分で任意に登録したパスワードだけど、特定種類の文字だけを使用したり、数少ない文字を簡易的に羅列(上図の②)
  • 初期パスワードを、同一型番の製品であれば、製造メーカーによっては、同一値を共通に使用している場合があります。

例、password 等

  • 初期パスワードが製品毎に一個ずつ異なっても、簡易な文字の羅列であったり、文字数が少ない場合があります。

例、123456 等

もし、使用しているパスワードが、他人に推測されやすいと、少しでも疑えるのであれば、早急に変更した方がいいです。

管理者パスワード変更時の留意事項

管理者パスワードを他人に推測されにくい値に変更すれば、自宅のWi-Fiルーターの安全性を向上させられます。

ただし、変更に伴う留意事項があるため注意します。

  • 記録の保存
  • 変更後の管理者パスワードは、忘れないように、必ず控えて保存
  • 管理
  • 管理者パスワードは、絶対に他人に知られないように管理
  • 使用を避ける単語例
  • 住所、名前、生年月日等、自分を含む家族や親類に関係するもの
  • 同一数字や文字の連続
  • 一般的な単語
  • 他人に推測されやすいと、少しでも感じたら使用を避けます。
  • パスワードには、様々な文字と数字と記号を全て組み合わせて、合計10文字以上にすることを推奨する製造メーカーがあります。
  • 複数の機器での使い回しも避けます。
スポンサーリンク